みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. My特集
  3. 涙なしには見られないラスト・シーン

涙なしには見られないラスト・シーン

推薦数

+1

困るんですよね、こういう映画は。それでも、最近の映画は最後に延々とクレジットが流れるものが多いので助かりますが、昔の映画はすぐ明るくなってしまうので、態勢を立て直す時間がなくて、大変です。

でも、何に泣くかは個人差が激しいようで、ここに挙げているのは、極めて個人的な嗜好です。
by hacker

涙なしには見られないラスト・シーンな映画

A
街の灯 (1931) rating5
チャップリンの作品の中では最も好きな映画です。涙なしには見られないとは、こういう傑作に対して使う言葉です。ところで、あのラスト・シーンですが、ハッピーエンドではありません。
推薦+2
ネタバレ
A
ウンベルトD (1951) rating5
『自転車泥棒』で有名なデ・シーカ監督ですが、個人的には、この作品の方が好きです。ウンベルトは主人公の名前で、Dはデ・シーカ、自分の父親をモデルにしたとのことです。
ネタバレ
A
ミリオンダラー・ベイビー (2004) rating5
50年代のTVシリーズ『ロ−ハイド』で顔が売れ、64年『荒野の用心棒』でマカロニ・ウエスタンのヒーローとなり、71年に『ダーティ・ハリー』で大スターにのし上がると同時に、処女監督作品『恐怖のメロディ…
推薦+3
A
残菊物語 (1939) rating5
疑いもなく、溝口健二の傑作の一本です。下手な歌舞伎役者が、自分を鍛えなおして、一人前になるまでと、彼を懸命に支えた女性の悲恋物語で、凡庸な監督にかかれば、簡単につまらなくなるようなストーリーなのです…
推薦+4
A
囁きのジョー (1967) rating4
『冒険者たち』と並ぶ、我が青春の一本です。2年ほど前に再見する機会がありました。予想していた通り、今の私の眼で冷静に見れば、色々とアラのある映画です。でも、ラスト・シーンでは、かってこの作品を見る度…
推薦+1

涙なしには見られないラスト・シーンへのトラックバック

トラックバックがありません

涙なしには見られないラスト・シーンへのトラックバックURL

涙なしには見られないラスト・シーンMy特集の推薦

参考になる 2007-05-12  
©ずばぴたテック