みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧

コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
婚期 (1961) 第三の男(220) rating4 2020-11-23
an an という女性雑誌の通巻?2226号の特集「超私的! 色香漂う大人の女性」内で、山内マリコさんという方が往年の銀幕女優にスポットを当ててコメントしているらしいのですが、そのうちのお二方、さら…
逃走迷路 (1942) hacker2(48) rating4 2020-11-21
ヒッチコック作品でも悪役の不気味さが印象的なものの一つです。
天国は待ってくれる (1943) 第三の男(220) rating5 2020-11-18
いつも出来の良い従兄弟と比較されて育った男の一世一代の大勝負、さてその結末は…(2020年12月、渋谷シネマヴェーラにて上映予定)
疑惑の影 (1943) hacker2(48) rating4 2020-11-01
同じチャーリーという愛称を持つ叔父に対して、姪が抱く疑問を描いた作品
カンバセーション…盗聴… (1973) hacker2(48) rating4 2020-09-26
ジーン・ハックマンのたたずまいが素晴らしい!
ベニスに死す (1970) hacker2(48) rating4 2020-09-25
『ヴェニスに死す』(実吉捷郎訳、岩波文庫)を再読した後で、ヴィスコンティの1971年の映画化作品も、録画してあったものを再見しました。物語はあまりにも有名なので説明しませんが、50代半ばの主人公の本…
推薦+1
泥棒成金 (1954) hacker2(48) rating3 2020-05-06
ヒッチコックが "a snow covered volcano"(雪に覆われた活火山)と述べた、彼女のイメージを満載した映画です。
推薦+1
上海から来た女 (1947) hacker2(48) rating4 2020-05-04
リタ・ヘイワースの美貌と最後の鏡の間の銃撃戦だけで観る価値あり。
シェルブールの雨傘 (1964) hacker2(48) rating4 2020-04-22
再見したので、hackerで書いたレビューを書き直しました。
第3逃亡者 (1937) hacker2(48) rating3 2020-04-10
『時の娘』(1951年)でミステリー史に名を残すジョセフィン・テイの原作『ロウソクのために一シリングを』(1936年)を映画化した作品です。ただし、原作とは犯人が違う等、まったくテイストは違っている…
サボタージュ (1936) hacker2(48) rating4 2020-04-09
サスペンスとショックが同時に味わえるヒッチコック作品です。
間諜最後の日 (1936) hacker2(48) rating4 2020-04-08
明らかにマデリーン・キャロルをきれいに撮ることが、ヒッチコックの大きな関心だった作品。
三十九夜 (1935) hacker2(48) rating4 2020-04-07
元祖ヒッチコック・ビューティーともいえるマデリーン・キャロルがヒロイン役を務める、英国時代のヒッチコックの代表作の一つ
アイリッシュマン (2019) hacker2(48) rating4 2020-04-05
なるほど、Netflixを前提とすると、当然クローズアップが増えるのですね。
キャロル (2015) hacker2(48) rating4 2020-02-23
ルーニー・マーラを見直しました。
旅のおわり世界のはじまり (2019) hacker2(48) rating5 2019-12-21
久しぶりにスクリーンで見る映画のヒロインらしい存在!
ジョーカー (2019) hacker2(48) rating4 2019-12-05
現代的かつ現実的なジョーカー
ゲット・アウト (2017) hacker2(48) rating4 2019-10-23
『ジェーン・ドゥの解剖』と並んで、近年出色のホラー
恐怖の報酬 (1977) hacker2(48) rating3 2019-10-12
映画史に残るH.G.クルーゾー監督の同名傑作作品(1953年)のリメイクです。まぁ、こんな作品をリメイクするのは相当勇気ある行動であることは確かです。
運び屋 (2018) hacker2(48) rating5 2019-07-04
実在した90歳の麻薬運び屋をモデルに、クリント・イーストウッドがおのれの人生を語った作品です。
©ずばぴたテック