みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧

コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ (2020) hacker2(65) rating4 2021-10-17
『もっとも危険な遊戯』の松田優作の有名なシーンを再現してくれたことに感謝です。
ビッグ・フィッシュ (2003) dreamer(67) rating5 2021-08-28
信じる心だけが生み出す"奇跡"を描いた、ティム・バートン監督のまばゆい色彩と、ほのぼのとした温かさに満ち溢れた「ビッグ・フィッシュ」
推薦+1
ネタバレ
仁義 (1970) dreamer(67) rating4 2021-08-25
友情を縦糸に、裏切りを横糸に、意地と仁義の男の世界が、息もつかせぬサスペンスのうちに、織りなされる、フランス・フィルムノワールの秀作「仁義」
推薦+1
ネタバレ
エド・ウッド (1994) dreamer(67) rating5 2021-08-15
"史上最低の映画監督"と言われたエド・ウッドの若き日を、彼をこよなく愛するティム・バートン監督が映画化した、非常に美しい作品「エド・ウッド」
推薦+1
ネタバレ
ゴスフォード・パーク (2001) dreamer(67) rating5 2021-08-12
アメリカ・インディーズ映画界の巨匠ロバート・アルトマン監督の群像劇の秀作「ゴスフォード・パーク」
推薦+1
ネタバレ
薔薇の名前 (1986) dreamer(67) rating5 2021-08-07
ウンベルト・エーコのメタファーと、引用に散りばめられた知の迷宮世界を、ジャン・ジャック・アノー監督流に映画化した、怪奇幻想の中世ミステリーの異色作「薔薇の名前」
推薦+1
普通の人々 (1980) dreamer(67) rating5 2021-08-07
日常生活における"普通"の中の"異常"を、醒めた視線で静かに見つめた、ロバート・レッドフォード監督の秀作「普通の人々」
推薦+1
許されざる者 (1992) hacker2(65) rating5 2021-07-31
クリント・イーストウッドの傑作というだけでなく、西部劇の歴史に残る傑作です。
瞼の母 (1962) hacker2(65) rating4 2021-06-23
「こうして上下の瞼を合せ、じいっと考えてりゃぁ、逢わねぇ昔のおっかさんの面影が出てくるんだ」
推薦+1
グリーン・デスティニー (2000) dreamer(67) rating4 2021-06-08
アン・リー監督が初めて手掛けたアクション大作で、愛と闘いのドラマに、娯楽性をふんだんに盛り込んだスケールの大きな作品「グリーン・デスティニー」
ネタバレ
特別な一日 (1977) dreamer(67) rating4 2021-06-06
情念豊かな、いぶし銀のような、しっとりとした、大人向けの心に残る短篇小説の味わいのある「特別な一日」
ネタバレ
レッド・ムーン (1968) dreamer(67) rating5 2021-06-06
子供を奪われたアパッチ族のインディアンの怨念と怒りに焦点を当て、"アメリカン・ニューシネマ"の先駆けともなった、"極限状況西部劇"の秀作「レッド・ムーン」
推薦+1
ネタバレ
ジュリア (1977) dreamer(67) rating5 2021-06-06
アメリカ映画史に残る格調高い、女性映画の秀作「ジュリア」
推薦+1
ネタバレ
バード (1988) dreamer(67) rating4 2021-06-04
ジャズの歴史を革新したチャーリー・パーカーの半生を、時制の異なるエピソードを通して、意識の連鎖によって物語っていく、クリント・イーストウッド監督の「バード」
推薦+1
ネタバレ
依頼人 (1994) dreamer(67) rating5 2021-05-31
法廷物を得意とする推理作家、ジョン・グリシャム原作の映画化作品で、サスペンスよりも、人間関係の確執に重点を絞った「依頼人」
推薦+1
ネタバレ
 (1970) dreamer(67) rating5 2021-05-31
1971年度のカンヌ国際映画祭でグランプリ(現在のパルムドール賞)を受賞した、ジョセフ・ロージー監督の秀作「恋」
推薦+1
ネタバレ
暗殺の森 (1970) dreamer(67) rating5 2021-05-30
ファシズムが台頭した1928年から、崩壊寸前の1943年までのパリとローマを舞台に、反ファシストの教授暗殺の指令を受けたインテリの"体制順応主義者"(映画の原題)の姿を描いた、優れて"政治と人間"に…
推薦+1
ネタバレ
非情の罠 (1955) hacker2(65) rating3 2021-05-21
スタンリー・キューブリックの商業映画デビュー作
白い恐怖 (1945) dreamer(67) rating4 2021-05-18
フロイトの精神分析学をストーリーに大胆に導入し、人間の罪の意識をキーワードに、実験的映像で心の内面を抉った「白い恐怖」
推薦+1
ネタバレ
四十挺の拳銃 (1957) hacker2(65) rating4 2021-05-18
サミュエル・フラーの最高傑作....ラストがもしなければ。
©ずばぴたテック