みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. その他

その他/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
ルートヴィヒ (1972) dreamer(67) rating5 2021-05-16
滅びゆく運命を諦観し、崩壊と頽廃の織りなす美学を描くルキノ・ヴィスコンティ監督の名作「ルートヴィヒ 神々の黄昏」
推薦+1
ネタバレ
キャバレー (1971) dreamer(67) rating5 2021-03-05
退廃的なキャバレーのショーの陶酔感と、時代を見る透徹して、醒めた映像作家の眼「キャバレー」
推薦+1
ネタバレ
5時から7時までのクレオ (1961) 第三の男(227) rating4 2021-01-14
不安を解消するものは...(1月19日まで北千住シネマブルースタジオにて上映予定)
推薦+1
ベニスに死す (1970) hacker2(65) rating4 2020-09-25
『ヴェニスに死す』(実吉捷郎訳、岩波文庫)を再読した後で、ヴィスコンティの1971年の映画化作品も、録画してあったものを再見しました。物語はあまりにも有名なので説明しませんが、50代半ばの主人公の本…
推薦+1
シェルブールの雨傘 (1964) hacker2(65) rating4 2020-04-22
再見したので、hackerで書いたレビューを書き直しました。
あらくれ (1957) hacker2(65) rating4 2019-05-26
高橋峰子VS三人のダメ男
イワン雷帝 (1946) hacker2(65) rating5 2019-01-28
久しぶりに再見しましたので、全面的に書き直します。
羅生門 (1950) 第三の男(227) rating5 2015-08-08
芥川の投げかけた問いに黒澤が答え、さらに黒澤が見る者に問いを投げかける。東宝争議から生まれた日本映画界の奇跡
推薦+1
マーサ、あるいはマーシー・メイ (2011) hacker(987) rating4 2014-03-03
この映像感覚は素晴らしいと思います。
風立ちぬ (2013) hacker(987) rating5 2014-03-02
宮崎駿監督最後の作品は「現実」の中で、自分の好きなものを思い切り展開させた作品でした。
推薦+1
ホーリー・モーターズ (2011) hacker(987) rating5 2014-01-01
映画への愛と、映画の「死」への哀悼に満ちた、正に傑作!
バンド・ワゴン (1953) ドンペリ(889) rating5 2013-09-20
お話しはそっちのけでも良いですよね・・・。  音楽劇、ダンス劇として楽しむだけでも充分満足。 MGMミュージカル全盛時のノリノリの空気も伝わってきます。
推薦+1
山椒大夫 (1954) hacker(987) rating5 2013-05-25
最良の溝口健二は、常に最高の映画芸術です。
推薦+1
南部の反逆者 (1957) hacker(987) rating3 2013-05-12
『ジャンゴ 繋がれざる者』の公開に併せて、パリでリバイバルされていたレアものです。
少年は残酷な弓を射る (2011) ドンペリ(889) rating4 2013-03-24
胃が痛くなるほどの母と子の壮絶な戦い。この映画は一度観れば沢山。一度観たら忘れられません。  本題『We Need to Talk About Kevin』が『少年は残酷な弓を射る』となったわけですが…
推薦+1
二郎は鮨の夢を見る (2011) おれんか(204) rating4 2013-03-01
お鮨がここまで奥深いとは思ってもみませんでした。  最近は回転寿司のレベルも上がって来ているし、それなりに活用しますが、それが鮨への冒涜のように思えるほど、二郎さんの職人魂は圧巻です。  いいものを見た…
推薦+1
レ・ミゼラブル (2012) おれんか(204) rating4 2013-01-16
歌がメインときいたので、本を読まない我が8歳児の教養のためにと一緒に観に行ったのですが…。こんなに涙の大洪水になるとは(親が)思ってもいませんでした。
推薦+2
レ・ミゼラブル (2012) ドンペリ(889) rating4 2013-01-11
あまりにも有名なお話し「ああ無情」。多くの人が物語(結末も)も知っているのに、ここで「魅せる」ことをしてくれた。  もっと台詞があるのかと思って観に行きましたが、「ほとんど台詞なしで、歌!」の完璧ミュ…
推薦+2
少年は残酷な弓を射る (2011) おれんか(204) rating4 2012-12-18
とっても地味ですが、ティルダ・スウィントンは素晴らしい女優さんだと思います。
推薦+2
ネタバレ
森と湖のまつり (1958) ドンペリ(889) rating3 2012-12-03
広大な北海道の草原のはるか彼方から馬に跨った男が現れ、近づいてアップになるとそれが高倉健なわけだ。この冒頭シーンを見た瞬間「ウェスタンだ!」と思いました・・・今でも目に浮かびます。
推薦+1
©ずばぴたテック