みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. 歴史・時代劇
  4. 世界史
  5. ヨーロッパ史

ヨーロッパ史/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
エリザベス (1998) tomokili(297) rating4 2006-04-15
衣装の豪華さとケイト・ブランシェットが演じたエリザベス  一世(イギリスの女王陛下。ヴァージン・クィーンと呼ばれ  た女性)の勝気で高慢な女王を演じてて素晴らしかったです。
推薦+1
ルートヴィヒ (1972) dada2(152) rating5 2006-03-22
やっと、やっと、やっと、日本でも公開と言う事で、  あの岩波ホールに勇んで出かけて観ました。  (もう、20年前位?)  当時はヴィスコンティ大好きでしたし(ヘルムート・バーガーもね)、  相当気を…
推薦+1
ブレイブハート (1995) ドンペリ(889) rating3 2005-11-16
長い間イギリスがスコットランドを支配・侵略していた歴史とスコットランド独立のために  自己犠牲になるウォレスに熱い思いを馳せ 結局はメルの一人舞台、自己陶酔だったような気もする映画。
仮面の男 (1998) おくらほま(231) rating3 2005-10-18
皆さんおっしゃるように、ディカプリオの二役は顔つき(特に目つき)が全然違います。当たり前だけど、ディカプリオも役者なんだよな、と『ギルバート・グレイプ』以来に思い出させてくれた作品。  (老)三銃士…
仮面の男 (1998) 葉直(299) rating3 2005-10-18
(★3−)〔TV×2〕  レオくん、双子役を、外見での区別をほとんどつけず演技で別人になりきっているようです。  化粧などで若干は工夫しているのでしょうか?  ルイとフィリップがちゃんと別人に見える…
推薦+1
仮面の男 (1998) ドンペリ(889) rating3 2005-10-18
デカプリオをしっかりサポートした一流俳優の渋いおじ様たちがいい。史実から離れて娯楽映画と思って観るべし。  デカプリオは双子の役で、ルイとフィリップ各々の人物に変る時、目つきや雰囲気を変えてて違う人…
ジャンヌ・ダルク (1999) 白羽の矢(19) rating2 2005-10-07
ジャンヌ・ダルク、ジャンル駄作。
推薦+1
ロブ・ロイ (1995) 移転先をたどったら閉店(317) rating3 2005-08-31
ユナイテッド・アーティスツ映画社の映画生誕100年を記念して制作された映画。  の割には。。。  生き方が武士道に通ずるものがある気がした。
マスター・アンド・コマンダー (2003) 移転先をたどったら閉店(317) rating3 2005-08-29
人間として大切にしなければならにものを守るのか、私情で動いてはならない上官としての務めを果たすのか。。。
裁かるゝジャンヌ (1928) hacker(987) rating5 2005-08-13
最初にこの作品の断片を観たのはゴダールの『女と男のいる舗道』で、主人公のアンナ・カリーナが涙をぽろぽろ流しながら観ていた映画がこれでした。それから実際にこの作品を観たのはほぼ20年後でした。
推薦+2
王妃マルゴ (1994) おれんか(204) rating3 2005-08-09
イザベル・アジャーニのマルゴは美しいし、映像もきれいだ。だけどイマイチ心を打たない大作。それなりにお金と時間をかけて丁寧に作られたのだろうと推測はつくのだけど・・・。  その中でジャン=ユーグ・アン…
推薦+2
ネタバレ
ジャンヌ・ダルク裁判 (1962) hacker(987) rating4 2005-07-02
ロベール・ブレッソンという監督はもの凄い自信家であったと思うのですが、それは、ルキノ・ヴィスコンティが既に映画化していたドストエフスキー原作の『白夜』をリメイクしたり、カール・ドライヤーの傑作『裁か…
灰とダイヤモンド (1959) きゃんべる(28) rating4 2005-05-27
私は学生運動が終わった頃に大学に入った世代だけど、身近にそういう人をたくさん見ているので切なくなった。
グッバイ、レーニン! (2003) カトキチ(801) rating4 2005-05-14
何がコメディなの?ものすごい泣けて、考えさせられるいい映画!!
推薦+2
ネタバレ
グッバイ、レーニン! (2003) グノッサ(72) rating3 2005-05-12
現代ドイツ版『ライフ・イズ・ビューティフル』。コメディと言うほどではないにせよ、結構笑える。
三銃士 (1993) ムービーブルース(59) rating2 2005-05-07
きれいすぎ。というより作りすぎ。わざとらし過ぎでなんの感動もない。  キャラは活きていたのですが、アクションシーンが物足りなく残念。
地獄に堕ちた勇者ども (1969) おれんか(204) rating5 2005-05-05
こういうお金持ちやお貴族様の退廃はお得意のテーマのヴィスコンティ。(本人もお貴族様だから当然か)映像がきれいなのもあるけど、ヴィスコンティの映画の中じゃ一番迫力がある。個人的にはSSのアッシェンバッ…
推薦+1
灰とダイヤモンド (1959) mohe(31) rating4 2005-04-29
地元に「マチェック」という喫茶店というかアートカフェみたいな店があったのだが、きっとこの作品に出て来るマチェックからとってたんだろうな。チブルスキー、素敵ですねぇ。
仮面の男 (1998) みかん星人(309) rating3 2005-04-21
「おやじ達」が最高だった。。。
ジャンヌ・ダルク (1999) みかん星人(309) rating1 2005-04-20
フランス映画で、脚本も監督も務めた『リュック ベッソン』もフランス人なのに、どーして英語で作ったわけ?
ネタバレ
©ずばぴたテック