みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. 歴史・時代劇
  4. 世界史

世界史/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
アポロンの地獄 (1967) 第三の男(231) rating5 2022-08-18
何者も神託からは逃れられない...
山猫 (1963) dreamer(165) rating5 2022-05-05
イタリアのシシリーの貴族の壮麗な挽歌であり、失われた貴族文化へのオマージュに満ちたノスタルジア、ルキノ・ヴィスコンティ監督の最高傑作「山猫」
推薦+1
ネタバレ
ルートヴィヒ (1972) dreamer(165) rating5 2022-05-04
滅びゆく運命を諦観し、崩壊と頽廃の織りなす美学を描くルキノ・ヴィスコンティ監督の名作 「ルートヴィヒ 神々の黄昏」
推薦+1
ネタバレ
灰とダイヤモンド (1959) dreamer(165) rating5 2022-04-27
イェジー・アンジェイェフスキの同名小説の映画化で、「世代」「地下水道」とともに、アンジェイ・ワイダ監督のレジスタンス三部作の1本「灰とダイヤモンド」
推薦+1
ネタバレ
レッズ (1981) dreamer(165) rating4 2022-03-01
第一世界大戦からロシア革命にかけての1910年代、アメリカで"レッズ"と呼ばれた過激左派の指導者であり、有名なジャーナリストでもあった、ジョン・リードの生きざまを描いた「レッズ」
推薦+1
ネタバレ
風とライオン (1975) dreamer(165) rating4 2022-02-07
現代人の心を少年の素直さに引き戻す、郷愁とロマンティシズムにあふれた見事な男のドラマ「風とライオン」
推薦+1
ネタバレ
旅芸人の記録 (1975) dreamer(165) rating5 2022-02-06
現代ギリシャの悲劇を神話の形を借りて具現化した、テオ・アンゲロプロス監督による映画史に残る不朽の名作「旅芸人の記録」
推薦+1
ネタバレ
ガンジー (1982) dreamer(165) rating5 2021-05-16
インド独立の偉大な指導者ガンジーの波乱に満ちた生涯を描いた、映画史に永遠に残る珠玉の名作「ガンジー」
推薦+1
ネタバレ
戒厳令 (1973) dreamer(165) rating5 2021-05-04
ラテン・アメリカの某国のファシズム的な警察国家の闇を衝いた、コンスタンタン・コスタ=ガヴラス監督の実録政治映画の問題作「戒厳令」
推薦+1
ネタバレ
サテリコン (1969) dreamer(165) rating5 2021-04-14
フェデリコ・フェリーニ監督の自己耽溺が生んだ、人工の極致に咲いた地獄花とでも言うべき、怪奇な映像の交響曲 「サテリコン」
推薦+1
ゼロ・ダーク・サーティ (2012) hacker2(86) rating3 2018-11-24
よく出来た政治サスペンス映画ではあります。
群盗荒野を裂く (1967) hacker(987) rating4 2018-01-03
「革命とは暴力である」という毛沢東の言葉を体現するかのような異色マカロニ・ウエスタン
ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 (2012) hacker(987) rating4 2017-10-29
人間の(と言うより、男の)闘争本能、戦争を好む嗜好を、未知の戦車という姿に凝縮させた寓意性に満ちた戦争映画
マーシュランド (2015) hacker(987) rating3 2017-09-18
真犯人はXXXではないか、とネット上では議論になっているようですが、ちょっと深読みしすぎではないかと個人的には思います。
推薦+1
ラストエンペラー (1987) hacker(987) rating4 2016-05-04
ベルトリッチお得意の「日和見主義者」の映画
エレニの帰郷 (2008) hacker(987) rating5 2014-08-17
新作撮影中に事故死したアンゲロプロスの遺作です。
灼熱の魂 (2010) hacker(987) rating5 2014-01-11
どこの国であれ、あらためて内戦に限らない、戦争の悲惨さを思う。
怒りのキューバ (1964) hacker(987) rating5 2013-09-25
映画史上最も自由にカメラが動いた作品の一つ
ジャンゴ 繋がれざる者 (2012) ドンペリ(889) rating4 2013-08-31
タランティ―ノが西部劇、という認識(内容も知らずに)で観ましたら、、、、、なるほど! こういうことだったのですね。 面白かったです。
推薦+1
東ベルリンから来た女 (2012) hacker(987) rating3 2013-07-20
ニーナ・ホスという女優のための映画
©ずばぴたテック