みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. 歴史・時代劇
  4. 日本の歴史・時代劇
  5. 昭和戦後・平成

昭和戦後・平成/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
仁義の墓場 (1975) dreamer(67) rating5 2021-05-07
自由で破滅的な生き方をした、ひとりの男のきれいごとではない青春の純粋さの悲劇を描いた、深作欣二監督の「仁義の墓場」
推薦+1
ネタバレ
魍魎の匣 (2007) tomokili(297) rating3 2008-06-23
今回は前作の時のような「ヒント」は少なめでした。
ネタバレ
まあだだよ (1993) おくらほま(231) rating3 2008-05-11
「世界の黒澤」の遺作がこの作品というのも、なかなかオツな感じがします。
仁義の墓場 (1975) hacker(987) rating5 2008-01-26
私の観た中では、疑いもなく、深作欣二最高の作品。
推薦+2
ネタバレ
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (2007) ドンペリ(889) rating4 2008-01-16
「元来、男の子ってマザコン!」・・・を、素直に現していて潔い。  いいな、こんな生き方が出来てうらやましい。
推薦+1
ネタバレ
酔いどれ天使 (1948) マーク・レスター(26) rating3 2007-08-06
若き黒澤による、チャレンジ精神旺盛な果敢な作品。  【 志村喬 と 三船敏郎 の キャラクター付け 】と 【 「ドブ沼」 の存在意味 】に強い興味を覚えました。
ネタバレ
さらば夏の光 (1968) hacker(987) rating4 2007-08-05
一柳彗の、一度聞いたら忘れられない美しいメロディーと共に、私の中にずっと沈殿していた作品です。
推薦+2
ネタバレ
肉体の門 (1964) 5衛(25) rating3 2007-06-27
色を強調する清順監督らしい作品。でも牛を食うシーンは恩地日出夫監督の「女体」(64)にはかなわない。
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 (2006) momochichi(408) rating3 2007-02-24
ホイチョイプロ渾身の一作・・・なのか?
推薦+2
ネタバレ
ベアテの贈り物 (2004) ドンペリ(889) rating5 2007-02-13
ベアテさん、ありがとう。
推薦+2
立喰師列伝 (2006) カトキチ(801) rating4 2006-12-27
立喰師という架空の職業を日本の戦後史に準えて紹介したフェイクドキュメンタリー。
推薦+1
洲崎パラダイス 赤信号 (1956) カトキチ(801) rating4 2006-10-28
「人」を描いて「街全体」を演出する手腕に脱帽。
推薦+3
麻雀放浪記 (1984) ドンペリ(889) rating4 2006-10-01
このドスの効いた雰囲気、芯のあるしっかりした映画、嫌いじゃありません。
推薦+3
麻雀放浪記 (1984) カトキチ(801) rating5 2006-10-01
「麻雀」というタイトルで喰わず嫌いしてるなら、絶対必見。
推薦+4
仁義なき戦い 代理戦争 (1973) banbaka_chop(13) rating5 2006-08-10
ある意味、このシリーズの頂点的作品(だと思う)。史実に基づいた作品だけあり、ドロドロとした人間模様を中心に、筋を通す為に生きる筈のやくざの葛藤と苦悩を描いた作品。  やっぱり裏で絵を画いている狡賢い…
推薦+2
ネタバレ
仁義なき戦い 広島死闘篇 (1973) banbaka_chop(13) rating5 2006-08-10
この作品は仁義なき戦い完結編までの第1シリーズ(と言って良いのか分からないが)の中では番外編と言って良い作品。  広能などのメンバーは出てくるものの、実質は一連の作品とは一線を画している。
推薦+1
仁義なき戦い (1973) banbaka_chop(13) rating5 2006-08-10
広島で実際にあった事を、その当事者の手記を基に作られた作品。  「任侠物」では無く「ヤクザ映画」の頂点だと思われます。
推薦+2
立喰師列伝 (2006) Sy(17) rating5 2006-04-24
それにしても、蕎麦の不味そうなこと不味そうなこと(^^)
推薦+4
酔いどれ天使 (1948) おくらほま(231) rating4 2006-02-11
酔いどれ医師・眞田の口を借りてほとばしる、黒澤氏から同時代の日本人への痛烈なメッセージ。
推薦+1
まあだだよ (1993) ドンペリ(889) rating4 2006-02-09
どこか懐かしく、しみじみ。。。そんな映画でした。これが黒澤の遺作になったのね。  年を重ねた‘世界の黒澤’が一人の男に戻ったかのように 彼の優しさがそこそこに滲み出ている‘絵’でした。
推薦+2
ネタバレ
©ずばぴたテック