みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. 戦争
  4. その他戦争

その他戦争/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
第三の男 (1949) J.S.ミル(128) rating2 2005-10-27
推理やミステリー、サスペンスの映画としてこれくらいが妥当。AFI選定歴代57位の偉業は持ってます。私好みではないだけと思う
地獄の黙示録 (1979) J.S.ミル(128) rating3 2005-10-27
プラトーンの模範になった映画のような印象を受けました。AFI選定歴代ランク28位。プラトーンのほうが好きです
戦場のピアニスト (2002) J.S.ミル(128) rating3 2005-10-29
シュピルマンを違うキャラにすべきと思う。トロンとしてパッとしない。内容はいい。最後のドイツ兵がイケてる
アラビアのロレンス (1962) J.S.ミル(128) rating4 2005-10-27
映像、音楽はグレイトです。グレイト以外ないでしょう。ロレンスはもっと闘争心を持つべきだと思いました。AFI選定歴代5位
大脱走 (1963) banbaka_chop(13) rating5 2006-10-31
King of cool    正にこの言葉以外に、スティーブ・マックイーンを表す言葉は無いでしょう。  でも、閉所恐怖症のチャールズ・ブロンソンが好きです。そんなアタシもブロンソンズ(笑)
推薦+1
博士の異常な愛情 (1963) hacker(987) rating5 2004-12-04
間違いなく、キューブリック監督最高の作品。とある基地の狂人のボスの命令により、旧ソ連邦に向けてB52爆撃機の大群が水爆攻撃を仕掛けるという設定で、ブラック・ユーモアとは何ぞやということをとことん見せ…
推薦+2
ネタバレ
地獄の黙示録 (1979) hacker(987) rating4 2009-01-21
ジョセフ・コンラッドの印象的な小説『闇の奥』の映画化。
推薦+3
灰とダイヤモンド (1959) hacker(987) rating5 2012-11-29
大義のために戦ってきた青年が、いつの間にか、矮小なテロリストとなってしまう、いつの時代にも共通する悲劇。やはり傑作だと思います。
推薦+1
アントニオ・ダス・モルテス (1969) hacker(987) rating4 2007-11-23
「ブラジル残侠伝・死んで貰います」(山田宏一命名)又は「虐殺のオペレッタ」
推薦+2
ネタバレ
第三の男 (1949) hacker(987) rating5 2005-01-07
私の知人の年配の方で、この作品が映画史上ベスト・ワンだという方が二人います。その内の一人の方は、一昨年ウィーンへ旅行して、アントン・カラスの住んでいた家を訪ねてきたぐらいです。私も、映画館で観た回数…
終わりなき叫び (2010) hacker(987) rating4 2011-08-16
戦争が静かにやってくる。
殺人狂時代 (1947) hacker(987) rating4 2008-05-09
原案がオーソン・ウェルズで、チャップリンが、偽装結婚をして金をまきあげた未亡人を次々と殺していく「青髭」を演じた一本。
推薦+1
アルジェの戦い (1966) hacker(987) rating4 2005-03-01
フランス植民地支配からのアルジェリア独立戦争を、アルジェの素人俳優ばかりを使って撮影した、ドキュメンタリー・タッチの作品。何故テロを行うのかを、テロを仕掛ける側の視点で描いた稀有な作品でもあります。…
アラビアのロレンス (1962) hacker(987) rating4 2009-11-29
劇場、それも理想的には、本来の姿である70ミリで鑑賞すべき作品です。残念ながら、どんな立派なホームシアターでも、この映画の映像の本来の迫力は再現できません。長く(?)生きてきて、そういうチャンスが当…
魔女と呼ばれた少女 (2012) hacker(987) rating4 2013-08-23
おそらくベトナム戦争を経験しているベトナム人の父を持つカナダ人の映画監督が描く、現代アフリカの現実。
戦国自衛隊1549 (2005) kz_from5(104) rating2 2006-03-20
説明しすぎなんですよね、冒頭から。
推薦+1
フルメタル・ジャケット (1987) maruken(10) rating4 2006-08-06
兵士達による戦場とは場違いなミッキーマウスの大合唱が耳に残っています。映画前半の訓練編はインパクト大でした。
第三の男 (1949) maruken(10) rating5 2006-08-06
並木道のラストシーンは映画史上有数のものでしょう。『オーソン・ウェルズ』の存在感は迫力満点。下水道内を追われるシーンも良かったです。
大脱走 (1963) masato(6) rating5 2004-07-24
荒野の七人に引き続いて、スティーブマックィーン、チャールズブロンソン、ジェームズコバーンが出ていて、やはり過去良かったです。3人とも亡くなってしまってとても残念です。
推薦+1
灰とダイヤモンド (1959) mohe(31) rating4 2005-04-29
地元に「マチェック」という喫茶店というかアートカフェみたいな店があったのだが、きっとこの作品に出て来るマチェックからとってたんだろうな。チブルスキー、素敵ですねぇ。
©ずばぴたテック