みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. 戦争
  4. 陸戦

陸戦/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 (2012) hacker(987) rating4 2017-10-29
人間の(と言うより、男の)闘争本能、戦争を好む嗜好を、未知の戦車という姿に凝縮させた寓意性に満ちた戦争映画
サハラ戦車隊 (1943) hacker(987) rating3 2017-02-15
「戦車隊」といっても、登場する戦車は一台だけです。しかも、名前はルル・ベル!
スクワッド (2011) hacker(987) rating2 2012-09-13
材料は面白いのですが、いかんせん料理人の腕が悪い。
硫黄島からの手紙 (2006) hacker(987) rating5 2009-06-28
クリント・イーストウッドの知性に敬服します。
父親たちの星条旗 (2006) hacker(987) rating4 2009-06-28
まずは、クリント・イーストウッドの発想に敬意を払いましょう。
父親たちの星条旗 (2006) ドンペリ(889) rating4 2008-04-08
こちらを見て納得です。「硫黄島からの手紙」とセットでみなくちゃいかんですな〜。  そういう作り方だったのね! クリントにくいわ!
フルメタル・ジャケット (1987) ドンペリ(889) rating5 2007-11-27
恐ろしさをこんな形で表現した監督の才能を認めないわけにはいかぬ。
推薦+2
ネタバレ
硫黄島からの手紙 (2006) ドンペリ(889) rating3 2007-09-27
この乾いた感じ、それがクリントのテクニックということでしょうか。  見ながら、これは戦争映画(舞台は戦争だけど)ではないな〜と思えた。
推薦+1
ネタバレ
ブラックホーク・ダウン (2001) ミュリエル(15) rating3 2007-08-27
すごくリアルな戦争映画です。  当事ジョシュ・ハートネットを見に行ったんだけどそれどころじゃなかった。  すごいです。
フルメタル・ジャケット (1987) tomokili(297) rating3 2007-06-10
兵をたたき上げる、そして・・・・
ノー・マンズ・ランド (2001) めも(1) rating5 2007-04-21
戦争をしている場合ではないのに。  地球という惑星はひとつなのに。
硫黄島からの手紙 (2006) えねぴっこ(40) rating3 2007-03-05
あっちも地獄こっちも地獄
推薦+2
硫黄島からの手紙 (2006) おくらほま(231) rating4 2007-03-03
「手紙」という泣かせの必殺アイテムを持ってきていながら、この映画から受ける印象は「ドライ」でひたすら「シビア」。  日本産なら湿度高めになりそうなところですが…
推薦+2
ネタバレ
父親たちの星条旗 (2006) momochichi(408) rating4 2007-02-16
善が無ければ悪も無く、勝者が無ければ敗者も無い。
推薦+4
ネタバレ
硫黄島からの手紙 (2006) momochichi(408) rating4 2007-02-16
多分、地獄の方が少しまし。
推薦+3
ネタバレ
硫黄島からの手紙 (2006) mochi(104) rating3 2007-01-08
日本から見た硫黄島・・・  アメリカから見た方の映画も見て見たいと思いました。
父親たちの星条旗 (2006) えねぴっこ(40) rating4 2006-12-20
反戦映画はつまらない
推薦+2
父親たちの星条旗 (2006) 葉直(299) rating4 2006-11-24
激しいが誇張した感の無い、戦闘シーン。  感情を捉えながらもわざとらしさの無い、人間描写。  この2つから成り立つ作品だと思ったが、  無駄に煽るよりも、真実を伝えようとする姿勢(エンドロールを見る…
推薦+3
ネタバレ
プライベート・ライアン (1998) 第三の男(225) rating4 2006-09-15
バカな戦争の中で出された、信じられないほどアホな命令で命を落とした人がいた。でも助かった人もいた。助かった人は命を落とした人の分も一生懸命生きた(多分)。そういうのもアリかと個人的には思った。
推薦+1
フルメタル・ジャケット (1987) maruken(10) rating4 2006-08-06
兵士達による戦場とは場違いなミッキーマウスの大合唱が耳に残っています。映画前半の訓練編はインパクト大でした。
©ずばぴたテック