みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. 戦争

戦争/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
アラビアのロレンス (1962) みかん星人(309) rating5 2004-06-17
伝記映画が歴史映画となっている勉強になる映画ですね。  アカバ港へ攻め込む場面のスペクタクルは、やはり、劇場で観たい!
ネタバレ
ひまわり (1970) 第三の男(227) rating5 2004-06-25
戦地からの帰りを待ち続ける妻、ついに待ちきれず探しに出かける妻。やっと見つけた夫。でもその傍らには....
ネタバレ
紅の豚 (1992) teRataro(80) rating5 2004-06-06
私も一度「ホテル・アドリアーノ」に行ってみたいものです。
殺人狂時代 (1947) 第三の男(227) rating5 2005-04-20
長文追加(2005/04/20)  これまでの芸風とは全く異なるシリアスドラマ。わずかに見えるドタバタの片鱗が救い。前作同様、強烈な反戦メッセージを込めた作品。戦勝に沸き、「赤狩り」が盛んな中で妥協…
推薦+1
禁じられた遊び (1952) teRataro(80) rating5 2004-06-09
『ブリジット・フォッセー』が可憐です。  全篇を貫くやるせなさは、まさに『ルネ・クレマン』の世界です。
ネタバレ
ひまわり (1970) ちぇぶ(69) rating5 2004-06-26
切ないです。切ない映画っていいですね。  後にソフィア・ローレンが原付二輪のCMに出たときは唖然としました。ラッタッタ!
推薦+1
風と共に去りぬ (1939) ちぇぶ(69) rating5 2004-05-29
ヴィヴィアン リーの驚異的なウェストの細さだけでも見ものですね。
硫黄島からの手紙 (2006) hacker(987) rating5 2009-06-28
クリント・イーストウッドの知性に敬服します。
独裁者 (1940) 第三の男(227) rating5 2005-05-08
1人2役のドタバタコメディー、ヒトラーに対する痛烈な皮肉、最後の感動的なメッセージ、チャップリンのすべてが詰まった傑作です。
サウンド・オブ・ミュージック (1964) ちぇぶ(69) rating5 2004-06-05
大好きな映画です。いつ見ても泣けてしまいます。
推薦+1
ネタバレ
サウンド・オブ・ミュージック (1964) みわを(35) rating5 2004-06-06
'私の一番好きな映画です。大好きで、大好きでサントラCDも購入しました。私が一番好きなのはやはり最初
独裁者 (1940) みわを(35) rating5 2004-06-11
'この映画を一番最初に見たのは高校生のとき。英語のリーダーの教科書に、最後の演説の部分が載っていたの
第三の男 (1949) 第三の男(227) rating5 2004-05-30
モノクロの可能性を極限まで追求した映像、バランスの取れた配役、巧みなストーリー、いずれも文句のつけようがない傑作。アントン・カラスのツィター1本に託された音楽も秀逸。ついでに言うとアメリカ人をさんざ…
推薦+1
ひまわり (1970) teRataro(80) rating5 2004-06-24
ヘンリー・マンシー二の切ないメロディとスクリーンいっぱいのひまわりが印象的でした。
推薦+1
スター・ウォーズ (1977) 如月(12) rating5 2005-01-20
生まれて初めて映画館で見た映画がこのシリーズの三作品目でした。  その後、ビデオで1作目を見ました。思い入れがあり過ぎる作品です。  今でこそ熱狂的なファンがついているシリーズですが、公開前の前評判…
風と共に去りぬ (1939) 第三の男(227) rating5 2004-05-30
まさにヴィヴィアン・リーなくしては成り立たない映画だと思います。本当にこの役をやるために生まれて来た人と言っても過言ではないでしょう。私はこのスカーレットのような女性に振り回されてはたまらんと思いま…
推薦+2
ミスタア・ロバーツ (1955) ちぇぶ(69) rating5 2004-06-09
笑いあり、涙ありで松竹新喜劇のような映画ですね。
ネタバレ
紅の豚 (1992) ちぇぶ(69) rating5 2004-05-31
カッコイイ豚というものがあるんですねぇ。お登紀さんの歌も素敵です。
独裁者 (1940) 20代独身雄(26) rating5 2004-07-18
中学の英語の教師がチャップリン好きで、よく授業中(?)にいろんな作品を見せてくれたのですが、この作品を見せる前に突然真面目な顔になって、当時の時代背景等を説明してくれて、その中で作られた作品だからど…
推薦+2
風と共に去りぬ (1939) みほみほ(40) rating5 2004-07-14
美女とは、女優とはヴィヴィアンのような人を言うのでしょう。こういうかけがえのない人が出るからこそ、周りの人もいい仕事が出来て、かけがえのない作品、稲妻のように人の人生をゆるがす作品が出来るのです。
推薦+1
©ずばぴたテック