みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. SF・ファンタジー
  4. ファンタジー

ファンタジー/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
カイロの紫のバラ (1985) dreamer(165) rating5 2022-06-30
孤独な心を優しく温かいまなざしで見つめる人間凝視の秀作「カイロの紫のバラ」
推薦+1
ネタバレ
奇跡の人 (1962) dreamer(165) rating5 2022-04-21
赤ん坊の時から闇と沈黙の世界で生きてきた獣のような少女に、言葉の存在を教えた、奇跡の教師アニー・サリバンを描いた「奇跡の人」
ネタバレ
ビッグ・フィッシュ (2003) dreamer(165) rating5 2021-08-28
信じる心だけが生み出す"奇跡"を描いた、ティム・バートン監督のまばゆい色彩と、ほのぼのとした温かさに満ち溢れた「ビッグ・フィッシュ」
推薦+1
ネタバレ
スリーピー・ホロウ (1999) dreamer(165) rating5 2021-05-08
幻想的でダークでファンタジックなティム・バートンワールド全開のゴシック・ホラーの大傑作
推薦+1
ネタバレ
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 (2003) dreamer(165) rating5 2021-04-29
第76回アカデミー賞にて、作品賞、監督賞を含むノミネート11部門の全てでオスカーを獲得するという、映画史に燦然と輝く快挙を成し遂げた、ピーター・ジャクソン監督の「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
ネタバレ
シェイプ・オブ・ウォーター (2017) hacker2(86) rating4 2018-12-02
『アマゾンの半魚人』のオマージュに満ち満ちた佳作
アデル ファラオと復活の秘薬 (2010) hacker(987) rating4 2017-08-13
原作はフランスで人気のコミックということですが、こういう一種のSF風おとぎ話がリュック・ベッソンの本領なのかもしれません。
ミラーズ (2008) hacker(987) rating4 2014-10-05
鏡に向こうにある世界...よくある題材をタルコフスキーの世界で展開させた佳作
アナザー・プラネット (2011) hacker(987) rating4 2014-05-02
人生の再生のファンタジーとして、とても好きです。
ファム・ファタール (2002) hacker(987) rating4 2014-01-03
今となってみると、デ・パルマが巨匠に思えてくるから、不思議です。それだけ、こういう特徴のある映画作家が少なくなってきたということでしょうか。
山椒大夫 (1954) hacker(987) rating5 2013-05-25
最良の溝口健二は、常に最高の映画芸術です。
推薦+1
007/ドクター・ノオ (1962) hacker(987) rating4 2013-01-07
実に久しぶりに再見、やっぱり良いですよね。
推薦+1
チャーリーとチョコレート工場 (2005) おれんか(204) rating5 2012-08-21
ああ、またもや、子供にTVを占領されてしまいました。  このDVDを、一体何回観てるのやら・・・  でも、親の私もそんなにイヤでなかったりするリピート見。大した娯楽映画です。
推薦+2
ファウスト (1926) ドンペリ(889) rating5 2012-08-08
見応えのある1926年製作の映画!  素晴らしかった!
推薦+1
ヒア アフター (2010) hacker(987) rating5 2012-05-22
一見、死後の世界を扱っているようですが、クリント・イーストウッドらしく、孤独な魂の触れ合いがテーマであり、いつもながら、マイノリティーに対する監督の温かい眼差しが印象的です。
タイタンの戦い (2010) hacker(987) rating2 2011-12-26
まぁ、見れることは見れますけれどね。
ナインスゲート (1999) おれんか(204) rating3 2011-11-08
B級がお得意だったポランスキー映画にしては映像はグレードアップして、素敵でした。  そこそこには楽しめますが、ちょっと、パンチにかけるというか、もひとつ、何か欲しいなぁ…と。
リッキー (2009) hacker(987) rating3 2011-10-18
フランソワ・オゾンらしい、何とも不思議な映画です。
狼の血族 (1984) おれんか(204) rating4 2011-04-07
「眉毛のつながった男はオオカミだからね」というおばあちゃんのお話、今でもおぼえている。  赤ずきんちゃんをモチーフにした、グロテスクにも不思議なお話。
推薦+2
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008) おれんか(204) rating3 2011-01-25
ただひたすら、人と違うということはそれだけで大変なのだ…ということを実感した映画。  たとえば、肌の色、人種、年齢…そんなものどうでもいいように思われるけど、周りと同じでないということだけで、悲劇は起…
推薦+1
ネタバレ
©ずばぴたテック