みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 生き方・哲学・宗教
  5. 差別

差別/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
汚れなき情事 (2009) hacker(987) rating3 2014-09-13
『007/カジノ・ロワイヤル』で印象的だったエヴァ・グリーンが出演しているというので観てみました。
もうひとりの息子 (2013) hacker(987) rating3 2014-04-10
パレスチナ人とイスラエル人(=ユダヤ人)の赤ん坊の取り違えが18年後に発覚するという物語です。
暗黒への転落 (1949) hacker(987) rating4 2014-03-17
スラム街で生きることがどういうことか、制作当時とすれば重いテーマに切り込んだ作品。
怒りのキューバ (1964) hacker(987) rating5 2013-09-25
映画史上最も自由にカメラが動いた作品の一つ
南部の反逆者 (1957) hacker(987) rating3 2013-05-12
『ジャンゴ 繋がれざる者』の公開に併せて、パリでリバイバルされていたレアものです。
天国の門 (1980) hacker(987) rating5 2013-05-06
先月パリで観た映画の中では、一番の収穫でした。
最強の二人 (2011) おれんか(204) rating4 2013-01-17
実話ベースとのことですが、いかにもコンビものの主人公としてぴったりな組合せ。不思議と爽快で見ていてとても楽しい、元気の出る映画でした。
推薦+1
レ・ミゼラブル (2012) おれんか(204) rating4 2013-01-16
歌がメインときいたので、本を読まない我が8歳児の教養のためにと一緒に観に行ったのですが…。こんなに涙の大洪水になるとは(親が)思ってもいませんでした。
推薦+2
レ・ミゼラブル (2012) ドンペリ(889) rating4 2013-01-11
あまりにも有名なお話し「ああ無情」。多くの人が物語(結末も)も知っているのに、ここで「魅せる」ことをしてくれた。  もっと台詞があるのかと思って観に行きましたが、「ほとんど台詞なしで、歌!」の完璧ミュ…
推薦+2
レッド・ステイト (2011) hacker(987) rating4 2012-11-09
最近のアメリカ映画としては、『4デイズ』と並ぶ問題作
推薦+1
宇宙人王(ワン)さんとの遭遇 (2011) hacker(987) rating4 2012-10-25
近年では出色の出来栄えのSF映画でしょう。
別離 (2011) hacker(987) rating4 2012-08-01
現代イランというかイスラム教に残る女性差別若しくは女性蔑視を、当局がそれと意識しないような形で描いた作品。
ルルドの泉で (2009) hacker(987) rating4 2012-02-15
何故あの人であって、私でないのか?あるいは、何故私なのか?
マイ・フェア・レディ (1964) hacker(987) rating4 2011-11-21
オードリーのファンには申し訳ありませんが、彼女より舞台を務めたジュリー・アンドリュースの方が適役だったと思います。ヘプバーンだとヒギンズ教授に拾われる前もきれいなんですよねぇ。汚い言葉を発しても、不…
推薦+1
隠された記憶 (2005) hacker(987) rating4 2011-10-19
とてつもない緊張感に満ちた作品。
ネタバレ
グラン・トリノ (2008) hacker(987) rating4 2009-10-12
映画を観終わって、まずあらためて思うのは、クリント・イーストウッドは、もう78歳なのだという事実でしょうか。この映画は、そういう彼の「遺書」とも言える作品です。
ネタバレ
馬鹿が戦車でやって来る (1964) hacker(987) rating3 2008-12-31
「何、ふっくらふんとしているんだ」(劇中で使用される「方言」より)
妖刀物語 花の吉原百人斬り (1960) hacker(987) rating5 2008-12-16
とんでもない誤解を与えかねない題名だと思うのですが、「百人斬り」とは、本物の妖刀村正で、人を本当に斬ることを指しています。
推薦+2
ネタバレ
丑三つの村 (1983) hacker(987) rating2 2008-10-05
「津山三十人殺し」を題材とした、西村望原作の映画化。(『新日本暴行暗黒史 復讐鬼』のコメントも参考にして下さい)
推薦+1
ネタバレ
闇の子供たち (2008) みかん星人(309) rating4 2008-09-18
ドキュメンタリ映画のような真実性を持ちながらも、物語に潜む「フィクション」の匂いが気になる。
ネタバレ
©ずばぴたテック