みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 生き方・哲学・宗教
  5. 差別

差別/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
レッド・ムーン (1968) dreamer(67) rating5 2021-06-06
子供を奪われたアパッチ族のインディアンの怨念と怒りに焦点を当て、"アメリカン・ニューシネマ"の先駆けともなった、"極限状況西部劇"の秀作「レッド・ムーン」
推薦+1
ネタバレ
ガンジー (1982) dreamer(67) rating5 2021-05-16
インド独立の偉大な指導者ガンジーの波乱に満ちた生涯を描いた、映画史に永遠に残る珠玉の名作「ガンジー」
推薦+1
ネタバレ
ミスティック・リバー (2003) dreamer(67) rating5 2021-05-13
時を隔てた悲劇が、人間の絆の強さと脆さをあぶり出していき、その繊細な人間模様を丹念に綴ったヒューマン・ミステリーの秀作「ミスティック・リバー」
推薦+1
ネタバレ
砂の器 (1974) dreamer(67) rating5 2021-03-07
宿命のもつ哀しみを打ち破ろうとする人間の栄光と挫折を描いた、日本映画史に残る不朽の名作「砂の器」
推薦+1
ネタバレ
夜の大捜査線 (1967) hacker2(65) rating4 2021-01-12
昨年のBLM運動を振り返って、再見し、原作も再読しました。
キャロル (2015) hacker2(65) rating4 2020-02-23
ルーニー・マーラを見直しました。
ジョーカー (2019) hacker2(65) rating4 2019-12-05
現代的かつ現実的なジョーカー
テルマ (2017) hacker2(65) rating4 2019-04-13
秘められた力を持つ少女が、それと向き合って生きることを決意するに至る一種の青春映画
シェイプ・オブ・ウォーター (2017) hacker2(65) rating4 2018-12-02
『アマゾンの半魚人』のオマージュに満ち満ちた佳作
レッド・ムーン (1968) hacker(987) rating4 2017-06-11
公開当時、ベトナム戦争の影響を受けた西部劇と言われたものです。
デビルズ・ノット (2013) おれんか(204) rating3 2016-11-18
なんかすっきりしないまま終わった印象しか残らない映画でした。
血と怒りの河 (1968) hacker(987) rating4 2016-10-16
メキシコ強盗団に育てられた白人の青年アズールのアイデンティティ探しを中心に据えた異色西部劇ですが、とにかく『偉大なるアンバーソン家』のカメラマン、スタンリー・コルテスの映像が素晴らしい。
ゾンビ・リミット (2013) hacker(987) rating4 2016-10-09
異色のシリアスなゾンビ映画
デビルズ・ノット (2013) hacker(987) rating4 2016-08-27
1993年に実際に起きた三人の少年が殺された事件をもとに、その「謎」を追う。
アデル、ブルーは熱い色 (2013) ドンペリ(889) rating4 2015-04-10
3時間が長くない。美しい映画だと思いました。
推薦+1
ネタバレ
アデル、ブルーは熱い色 (2013) おれんか(204) rating5 2015-03-13
とある女子高生の日常で始まる少女趣味な映画です。(原作もコミックですし)  でも全然飽きさせないのです。説明もなく、ただ撮っているだけのようなカメラワークに心理描写,心情投影がされていて(しかも美しい…
推薦+1
ネタバレ
チョコレート・ドーナッツ (2012) おれんか(204) rating4 2015-03-13
昭和生まれなので、それほど若くもないのですが、今や隔世の感があるゲイ差別に何が起こっているのか、理解に戸惑いました。一番の見どころはやはりアラン・カミングの熱唱、そしてダウン症児のアイザック・レイヴ…
推薦+1
ネタバレ
チョコレート・ドーナッツ (2012) hacker(987) rating4 2015-02-14
タイトル"Any Day Now"を見た瞬間、ボブ・ディランだと思いましたが、やっぱりそうでした。
推薦+1
アデル、ブルーは熱い色 (2013) hacker(987) rating4 2015-02-11
映画そのものの出来よりも、アデル・エグザルコプロスという女優を世に送り出した映画として将来記憶されるかもしれません。
推薦+1
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (2009) hacker(987) rating3 2014-11-30
最近TVで完全版を放映しだしたので、観てみました。
©ずばぴたテック