みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 生き方・哲学・宗教
  5. 宗教

宗教/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
氷点 (1966) カトキチ(801) rating2 2006-02-13
多分普通の人は★★★以上だと思われる。
推薦+1
ドッグヴィル (2003) ドンペリ(889) rating2 2006-02-06
極力無駄を省いて本質のみに迫りたいと・・・そしてあの空間で3時間持たせる。果たしてこれは成功なのでしょうか?  その新しい挑戦を評価するにしても ‘私にとって’やはり映画は映画らしい方がいいと思って…
ネタバレ
陰陽師 (2001) tomokili(297) rating4 2006-02-01
テレビドラマ(NHK放送)でも観ましたが、映画になると  一味違った作品でした。なかなか良いなと思ったのは  主役の野村さん(野村萬斎)さんです、テレビ放送版の時  は稲垣さん、三上さんと代わってい…
推薦+1
ドッグヴィル (2003) るるぶ(143) rating5 2006-01-26
リアリティ。あーリアル。わかるわかる。  実感を込めてうなづこう。今回は救いを残して終わったってね。
推薦+1
ネタバレ
炎のランナー (1981) J.S.ミル(128) rating3 2005-11-21
走るということで神聖的な味を出そうとする場面がありましたが(例えば教会みたいなとこで、聖歌を歌ったり)、大げさ過ぎると思う。神への捧げくらいの味が出るのはルールありの正々堂々の殴り合い潰し合いの格闘…
パッション (2004) 葉直(299) rating 2005-10-30
私自身は11〜12歳の頃の2年間ほど、毎日曜に教会に通ったのですが、   もちろんその程度のことではなかなか理解に繋がらないものですね。   宗教は生活に密着してこそ実感として捉えることが出来ると言…
推薦+1
ガンジー (1982) J.S.ミル(128) rating4 2005-10-29
映画の6割くらいが事実の話で、4割はハッタリというか、こんなことがあったんだぞ、みたいのを強調するためにかなり大げさにしてます。いくらなんでもやりすぎと思う。英兵が一列に並んで撃ち殺しまくるところと…
十戒 (1956) J.S.ミル(128) rating4 2005-10-29
迫力のある映画
ベン・ハー (1959) J.S.ミル(128) rating5 2005-10-27
43年前の映画とはとても信じられない映画。スゴイ、グレイトの一言。復讐こそ生きる力の源など、真理を射抜くようなセリフもスゴイと思う。満足さの持てる迫力満点の映画。AFI選定歴代72位。もっと高くない…
ジャンヌ・ダルク (1999) 白羽の矢(19) rating2 2005-10-07
ジャンヌ・ダルク、ジャンル駄作。
推薦+1
陰陽師 (2001) おくらほま(231) rating3 2005-09-24
熱い真田とクールな萬斎の戦いが見ごたえあり。
十戒 (1956) hacker(987) rating3 2005-09-19
最初にこの作品を観たのは子供の頃ですが、何と言っても、海が二つに割れて、難民たちの通り道ができるシーンの印象が強烈でした。映画館で観ると凄い迫力です。もともとデミル監督の映画は映画館でないと、その価…
タルチュフ (1925) hacker(987) rating3 2005-09-17
カルト宗教家の手に落ちた人間の救済という、極めて現代的なテーマです。これは、でも原作のモリエールの凄さを褒めるべきでしょうし、裏を返せば、既に17世紀モリエールの時代からこういうカルト宗教のようなも…
王妃マルゴ (1994) おれんか(204) rating3 2005-08-09
イザベル・アジャーニのマルゴは美しいし、映像もきれいだ。だけどイマイチ心を打たない大作。それなりにお金と時間をかけて丁寧に作られたのだろうと推測はつくのだけど・・・。  その中でジャン=ユーグ・アン…
推薦+2
ネタバレ
ジャンヌ・ダルク裁判 (1962) hacker(987) rating4 2005-07-02
ロベール・ブレッソンという監督はもの凄い自信家であったと思うのですが、それは、ルキノ・ヴィスコンティが既に映画化していたドストエフスキー原作の『白夜』をリメイクしたり、カール・ドライヤーの傑作『裁か…
陰陽師 (2001) きゃんべる(28) rating2 2005-06-15
漫画の方がいい。仕掛けを映像で見るといかにも嘘っぽい。萬斎さん、かっこよすぎて嫌味です。
推薦+1
ガンジー (1982) みかん星人(309) rating4 2005-06-04
イギリスとインドが製作しているという部分が、楽屋オチだけれど、ミソ。。。
第七の封印 (1956) ゴロにゃ〜ゴ伯爵(113) rating4 2005-06-01
前半だけで表現できているのに、後半はその確認と蛇足に感じた。しかし、前半に驚異的ショットが観れたのでかなり満足。それは罪を背負う会代表者(勝手に命名)と十字架に打ち付けられた顔大きめのキリスト像と罪…
炎のランナー (1981) みかん星人(309) rating5 2005-05-20
イギリス映画らしい「質感」が大好きです。  音楽にギリシャ生まれの『ヴァンゲリス』を使ったところもポイント高し。
ネタバレ
デッドマン・ウォーキング (1995) ゴロにゃ〜ゴ伯爵(113) rating4 2005-05-04
贖罪と愛の救済。
ネタバレ
©ずばぴたテック