みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 生き方・哲学・宗教
  5. 生き方

生き方/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
高校教師 (1972) hacker2(89) rating3 2022-09-21
アラン・ドロン主演ですが、とにかく、公開時20歳(役柄も同年齢)だったソニア・ペトローヴァが美しい映画で、それだけで見る価値十分です。
霊魂の不滅 (1921) 第三の男(232) rating5 2022-08-19
特殊撮影で原作の世界を巧みに描いた映画黎明期の傑作
推薦+1
アトランティス (2019) hacker2(89) rating5 2022-07-07
凄い!という言葉以外に本作をどう形容すればよいのでしょうか。
こうのとり、たちずさんで (1991) dreamer(165) rating5 2022-06-30
鬼才テオ・アンゲロプロス監督がセリフを極端に削ぎ落として描く、"人間と旅"を厳しく見つめた、静かな秀作「こうのとり、たちずさんで」
推薦+1
ネタバレ
男はつらいよ 寅次郎相合傘 (1975) dreamer(165) rating5 2022-05-20
男はつらいよシリーズ中の最高傑作「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」
推薦+1
ネタバレ
博奕打ち 総長賭博 (1968) dreamer(165) rating5 2022-05-17
組織と個との相克の凄まじさを、笠原和夫の脚本が奥深く書き込み、それを山下耕作監督が端正な映像で描き切った、任侠映画の最高傑作「博奕打ち 総長賭博」
推薦+1
ネタバレ
ショコラ (2000) dreamer(165) rating4 2022-05-06
ラッセ・ハルストレム監督が描く、美しく夢のような不思議なおとぎ話の世界
推薦+1
ネタバレ
灰とダイヤモンド (1959) dreamer(165) rating5 2022-04-27
イェジー・アンジェイェフスキの同名小説の映画化で、「世代」「地下水道」とともに、アンジェイ・ワイダ監督のレジスタンス三部作の1本「灰とダイヤモンド」
推薦+1
ネタバレ
ザ・バットマン (2022) hacker2(89) rating2 2022-04-25
『クローバーフィールド/HAKAISYA』(2008年)『モールス』(2010年)を撮ったマット・リーヴス監督だったので、期待していたのですが、正直ガッカリでした。
推薦+1
アデルの恋の物語 (1975) dreamer(165) rating5 2022-04-23
現実を寄せ付けず、それを越えて到達するべき世界を描いた、フランソワ・トリュフォー監督の秀作「アデルの恋の物語」
推薦+1
ネタバレ
鬼火 (1963) dreamer(165) rating5 2022-04-22
自殺を決意した男の、死に至るまでの二日間の行動を描いた、厭世感あふれるルイ・マル監督の秀作「鬼火」
推薦+1
ネタバレ
ランボー (1982) dreamer(165) rating4 2022-04-19
ヴェトナム戦争を経験したアメリカの抱える内部矛盾を描いた傑作「ランボー」
ネタバレ
海の上のピアニスト (1999) dreamer(165) rating5 2022-03-23
爽やかな余韻に浸れる、珠玉の名作「海の上のピアニスト」
推薦+1
ネタバレ
ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦 (1972) dreamer(165) rating5 2022-03-19
"アメリカン・ニューシネマ"を代表するサム・ペキンパー監督の現代西部劇の秀作「ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦」
推薦+1
ネタバレ
欲望という名の電車 (1951) dreamer(165) rating5 2022-03-16
テネシー・ウィリアムズのアメリカ演劇を代表する戯曲の映画化作品「欲望という名の電車」
推薦+1
ネタバレ
華麗なるヒコーキ野郎 (1975) dreamer(165) rating4 2022-03-01
ジョージ・ロイ・ヒル監督、ウィリアム・ゴールドマン脚本、ロバート・レッドフォード主演という「明日に向って撃て!」の黄金コンビによる、ノスタルジーに溢れた「華麗なるヒコーキ野郎」
推薦+1
ネタバレ
レッズ (1981) dreamer(165) rating4 2022-03-01
第一世界大戦からロシア革命にかけての1910年代、アメリカで"レッズ"と呼ばれた過激左派の指導者であり、有名なジャーナリストでもあった、ジョン・リードの生きざまを描いた「レッズ」
推薦+1
ネタバレ
叫びとささやき (1972) dreamer(165) rating5 2022-02-19
戦慄的な、衝撃的な、ほとんど完璧といっていい、芸術映画の秀作「叫びとささやき」
推薦+1
ネタバレ
情婦マノン (1949) hacker2(89) rating4 2022-02-03
映画全体よりも、そのラスト・シーンゆえに語り継がれている作品です。
おはん (1984) dreamer(165) rating5 2022-01-06
木陰に忍び咲く隠花のように湿って見えるが、したたかな情念と女の強さを秘めたおはんを描いた、名匠・市川崑監督の名作「おはん」
推薦+1
ネタバレ
©ずばぴたテック