みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 生き方・哲学・宗教

生き方・哲学・宗教/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
君と歩く世界 (2012) ドンペリ(889) rating4 2013-11-13
予告編は観ていなかったが、本作のポスターはイカン。いかにも泣かせ映画のようで、いかん。  ポスターと邦題から想像するものより、ずっと良い映画だったわ。
推薦+1
清作の妻 (1965) hacker(987) rating5 2013-10-29
多作家だった増村保造としてもベストに入る作品
推薦+1
舟を編む (2013) hacker(987) rating4 2013-10-12
テーマである辞書作り同様、極めて真面目(主人公の名前は馬締)に作られた映画です。
推薦+1
怒りのキューバ (1964) hacker(987) rating5 2013-09-25
映画史上最も自由にカメラが動いた作品の一つ
熱波 (2012) hacker(987) rating4 2013-09-14
第一部は現在のリスボンを舞台にしたトーキー、第二部は60年代のアフリカ植民地を舞台にしたサイレントという構成の印象的な作品
ダウト 〜あるカトリック学校で〜 (2008) ドンペリ(889) rating4 2013-08-31
映画館で見て、自分で登録しておきながら、コメントをUPしていませんでした・・・。  もとは、トニー賞&ピュリッツァー賞受賞の戯曲舞台劇(実は知りませんでした)。  この類の舞台劇を、映画化するのは難しい…
推薦+1
ラヴ・ストリームス (1984) ドンペリ(889) rating5 2013-08-30
早稲田松竹にて初めてみました。    シェイム(2011製作)の基本はコレだったんだなと知りました。シェイムは「濃厚」にしてみたわけですね。そうしないと、太刀打ち出来ないでしょう。
推薦+1
ラヴ・ストリームス (1984) hacker(987) rating5 2013-08-28
「僕が興味を持つのは愛と、愛の欠如だけだ」(「ジョン・カサヴェテスは語る」2000年、幻冬舎刊より)
推薦+3
ネタバレ
クロワッサンで朝食を (2012) ドンペリ(889) rating3 2013-08-16
プライドが高くて我儘ばかりのフリーダ、それは「可愛いジャンヌ・モローおばあちゃん」でした。  鑑賞後の、友人と私が発した第一声は「いくつになっても『女』なのね。」でした。
推薦+1
クロワッサンで朝食を (2012) hacker(987) rating3 2013-08-10
85歳のジャンヌ・モローを見るだけで満足できます。
東ベルリンから来た女 (2012) hacker(987) rating3 2013-07-20
ニーナ・ホスという女優のための映画
逃亡者 (1947) hacker(987) rating4 2013-07-18
とにかく白黒の画面が国宝級に美しい作品です。
推薦+1
逃亡者 (1947) ドンペリ(889) rating3 2013-07-17
まるで知らない作品でした。  映画タイトル「逃亡者」と聞いて、このジョン・フォ―ドの1947年作の「逃亡者」を思いだす人は少ないでしょうね。  ジョン・フォード作品を語る時、本作の名前はあまり話題に上ら…
推薦+1
霊魂の不滅 (1921) hacker(987) rating5 2013-07-02
1921年製作ということを思うと、映画史上の古典中の古典です。
推薦+2
息子のまなざし (2002) ドンペリ(889) rating5 2013-06-05
何ですかこの映画は!!   無言のラストの素晴らしさったらない。  感動という類よりも、心の奥にズシンと重いものが・・・・(かな〜り前に観たのですが)やっと書く気になった。
推薦+1
めし (1951) ドンペリ(889) rating3 2013-06-02
久しぶりに観ました。  凄く可愛い猫ちゃんが良かった!
推薦+1
浪華悲歌 (1936) hacker(987) rating5 2013-05-25
何度観ても素晴らしい!
南部の反逆者 (1957) hacker(987) rating3 2013-05-12
『ジャンゴ 繋がれざる者』の公開に併せて、パリでリバイバルされていたレアものです。
天国の門 (1980) hacker(987) rating5 2013-05-06
先月パリで観た映画の中では、一番の収穫でした。
息子の部屋 (2001) ドンペリ(889) rating4 2013-04-30
家族の再生。「いい映画だったな〜」と鑑賞後に思う・・・
推薦+1
©ずばぴたテック