みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 生き方・哲学・宗教

生き方・哲学・宗教/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
白鯨 (1956) hacker(987) rating4 2018-01-07
ハーマン・メルヴィルの有名な原作を、監督のジョン・ヒューストンと、レイ・ブラッドベリ(!)が脚色した、今や古典と呼ぶにふさわしい作品です。
群盗荒野を裂く (1967) hacker(987) rating4 2018-01-03
「革命とは暴力である」という毛沢東の言葉を体現するかのような異色マカロニ・ウエスタン
ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 (2012) hacker(987) rating4 2017-10-29
人間の(と言うより、男の)闘争本能、戦争を好む嗜好を、未知の戦車という姿に凝縮させた寓意性に満ちた戦争映画
必殺の一弾 (1956) hacker(987) rating5 2017-10-09
'The Fastest Gun Alive'という原題が印象的な、隠れた西部劇の傑作
マーシュランド (2015) hacker(987) rating3 2017-09-18
真犯人はXXXではないか、とネット上では議論になっているようですが、ちょっと深読みしすぎではないかと個人的には思います。
推薦+1
女と男のいる舗道 (1962) hacker(987) rating5 2017-07-17
原題は「自由気ままに生きる」という意味ですが、ある意味で当時のゴダールの映画作りの姿勢を象徴しているようなタイトルですが、アンナ・カリーナのクローズアップと姿にこだわった映画だったのですね。
推薦+1
レッド・ムーン (1968) hacker(987) rating4 2017-06-11
公開当時、ベトナム戦争の影響を受けた西部劇と言われたものです。
市民ケーン (1941) hacker(987) rating5 2017-03-20
稀代の天才オーソン・ウェルズが、弱冠25歳で製作・監督・脚本・主演をやった、彼の処女映画作品です。当時、演劇とラジオの世界(全米がパニックに陥った『宇宙戦争』のラジオ番組はあまりにも有名です)では既…
華氏451 (1966) hacker(987) rating5 2016-12-18
この映画を撮っている間の撮影日誌である、トリュフォー監督による『ある映画の物語』を読んだので、久しぶりに再見し、レビューも全面的に書き直しました。
デビルズ・ノット (2013) おれんか(204) rating3 2016-11-18
なんかすっきりしないまま終わった印象しか残らない映画でした。
血と怒りの河 (1968) hacker(987) rating4 2016-10-16
メキシコ強盗団に育てられた白人の青年アズールのアイデンティティ探しを中心に据えた異色西部劇ですが、とにかく『偉大なるアンバーソン家』のカメラマン、スタンリー・コルテスの映像が素晴らしい。
ゾンビ・リミット (2013) hacker(987) rating4 2016-10-09
異色のシリアスなゾンビ映画
デビルズ・ノット (2013) hacker(987) rating4 2016-08-27
1993年に実際に起きた三人の少年が殺された事件をもとに、その「謎」を追う。
暗殺の森 (1970) hacker(987) rating5 2016-05-04
被写体としてのドミニク・サンダに驚嘆!
捨身の一撃 (1955) hacker(987) rating4 2016-02-15
ジョゼフ・H・ルイス監督の映像センスが光る作品
東京暮色 (1957) 第三の男(227) rating4 2015-09-28
家族の崩壊を「東京物語」とは異なる視点から描いた作品
推薦+1
アメリカン・スナイパー (2014) おれんか(204) rating4 2015-08-06
このタイミングだし、某国首相に見せてやりたいと思った。(って観てるのかも知れないけど)
推薦+1
機械じかけの小児病棟 (2005) hacker(987) rating4 2015-08-01
後年の『REC』シリーズで名をはせたジャウマ・バラゲロ監督のオカルト・ホラー
アデル、ブルーは熱い色 (2013) ドンペリ(889) rating4 2015-04-10
3時間が長くない。美しい映画だと思いました。
推薦+1
ネタバレ
君が生きた証 (2014) おれんか(204) rating5 2015-03-13
アントン・イェルチン見たいだけだったので、けちってレディースディに観に行きました。ところがトレーラーではまったく気づかなかった意外な展開。これでいいのかと考えさせられてしまいますが、息子の残した歌を…
推薦+1
ネタバレ
©ずばぴたテック