みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 人生と生活
  5. 自分探し

自分探し/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
ファイトクラブ (1999) dreamer(67) rating4 2021-05-15
「セブン」で世界中を震撼させたデヴィッド・フィンチャー監督とブラッド・ピットのコンビが、再びタッグを組んで世に放った超カルト映画の傑作「ファイト・クラブ」
推薦+1
ネタバレ
マグノリア (1999) dreamer(67) rating5 2021-05-11
"贖罪と救済"という宗教的な重いテーマを扱いながら、一時も目を離せない、ポール・トーマス・アンダーソン監督の群像劇の秀作「マグノリア」
ネタバレ
めぐりあう時間たち (2002) dreamer(67) rating5 2021-05-11
日常と対峙し、自分の生きる場所を模索している三人の女性が、苦悩の末に自分自身で、人生に対する選択を下すことに"生"を見い出していくドラマであり、真に人生と向き合うとはどういうことかを問いかける「めぐ…
ネタバレ
スパイクス・ギャング (1973) hacker2(65) rating5 2021-05-10
リチャード・フライシャーの最良の映画の一つ
日曜日には鼠を殺せ (1964) dreamer(67) rating5 2021-05-07
全生涯を賭けて闘ってきたものに殉じるために、徒労という人生の選択をした男を静かに描いた秀作「日曜日には鼠を殺せ」
推薦+1
ネタバレ
アメリカン・ビューティー (1999) dreamer(67) rating5 2021-04-29
壊れゆくアメリカの家庭を通して、現代社会の閉塞感と悲劇性をシニカルなブラック・ユーモアで描いた、サム・メンデス監督の秀作「アメリカン・ビューティ」
推薦+1
ネタバレ
レニー・ブルース (1974) dreamer(67) rating5 2021-04-23
公序良俗に挑戦した一人の芸人の栄光と悲惨を、鋭利なドキュメンタリー・タッチでクールに捉えた秀作「レニー・ブルース」
推薦+1
ネタバレ
スケアクロウ (1973) dreamer(67) rating5 2021-03-14
アメリカン・ニューシネマのひとつの頂点を示す、ジェリー・シャッツバーグ監督の秀作「スケアクロウ」
推薦+1
ネタバレ
影武者 (1980) dreamer(67) rating4 2021-03-12
権力に対する皮肉を優れて絵画的な映像美で、全ては夢と幻想であるというモチーフで描いた、黒澤明監督の晩年の力作「影武者」
推薦+1
ネタバレ
サンセット物語 (1966) hacker2(65) rating4 2021-01-31
ハリウッドの内幕ものですが、代表作といえる映画があまりないナタリー・ウッドの代表作だと思います。
フレンチ・カンカン (1954) 第三の男(227) rating4 2020-12-27
血は争えない(12/29まで北千住のシネマブルースタジオで上映)あ、ネタはバレてますけど、多分支障無いと思います。
推薦+1
運び屋 (2018) hacker2(65) rating5 2019-07-04
実在した90歳の麻薬運び屋をモデルに、クリント・イーストウッドがおのれの人生を語った作品です。
にっぽんのお婆あちゃん (1962) hacker2(65) rating5 2019-06-08
まあ、俳優陣のすごいこと!
テルマ (2017) hacker2(65) rating4 2019-04-13
秘められた力を持つ少女が、それと向き合って生きることを決意するに至る一種の青春映画
狼の王子 (1963) hacker2(65) rating5 2019-02-17
プログラム・ピクチャー作家として知られた舛田利雄のおそらく最高傑作!
日本暴力団 組長 (1969) hacker2(65) rating4 2019-01-23
東西二大やくざ組織が手を結ぶ結成式で君が代が唄われる映画です。
ビューティフル・デイ (2017) hacker2(65) rating3 2019-01-08
原作があるとは言え、明らかに『タクシー・ドライバー』を下敷きに『レオン』をまぶした映画になっています。
シェイプ・オブ・ウォーター (2017) hacker2(65) rating4 2018-12-02
『アマゾンの半魚人』のオマージュに満ち満ちた佳作
ゼロ・ダーク・サーティ (2012) hacker2(65) rating3 2018-11-24
よく出来た政治サスペンス映画ではあります。
ガール・オン・ザ・トレイン (2016) hacker2(65) rating3 2018-10-13
ポーラ・ホーキンズによる世界的ベストセラーの映画化
©ずばぴたテック