みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 人生と生活
  5. 家族

家族/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
ラヴ・ストリームス (1984) ドンペリ(889) rating5 2013-08-30
早稲田松竹にて初めてみました。    シェイム(2011製作)の基本はコレだったんだなと知りました。シェイムは「濃厚」にしてみたわけですね。そうしないと、太刀打ち出来ないでしょう。
推薦+1
ラヴ・ストリームス (1984) hacker(987) rating5 2013-08-28
「僕が興味を持つのは愛と、愛の欠如だけだ」(「ジョン・カサヴェテスは語る」2000年、幻冬舎刊より)
推薦+3
ネタバレ
魔女と呼ばれた少女 (2012) hacker(987) rating4 2013-08-23
おそらくベトナム戦争を経験しているベトナム人の父を持つカナダ人の映画監督が描く、現代アフリカの現実。
クロワッサンで朝食を (2012) ドンペリ(889) rating3 2013-08-16
プライドが高くて我儘ばかりのフリーダ、それは「可愛いジャンヌ・モローおばあちゃん」でした。  鑑賞後の、友人と私が発した第一声は「いくつになっても『女』なのね。」でした。
推薦+1
クロワッサンで朝食を (2012) hacker(987) rating3 2013-08-10
85歳のジャンヌ・モローを見るだけで満足できます。
魔女と呼ばれた少女 (2012) ドンペリ(889) rating4 2013-07-21
詳細は予習なしに観た本作、まず最初に少年兵問題がくるわけですが、現実味がある分、衝撃的だし、考えさせられる。  が、「希望」で締めくくられているので、変に「絶望感」は残らない作品に仕上がっていた。  平…
推薦+1
ネタバレ
世界にひとつのプレイブック (2012) hacker(987) rating3 2013-07-13
ジェニファー・ローレンスがアカデミー主演女優賞を取った、と言うか、取れた作品。
霊魂の不滅 (1921) hacker(987) rating5 2013-07-02
1921年製作ということを思うと、映画史上の古典中の古典です。
推薦+2
少年と自転車 (2011) ドンペリ(889) rating4 2013-06-04
貧しさと育児放棄など社会問題があるにせよ、少年シリルと里親サマンサの明るい未来に賭けたお話になっている。  少年を愛しく思い、優しい眼差しで見つめている監督の心が見える。だから好きだ。  無駄を極力省い…
推薦+1
ネタバレ
めし (1951) ドンペリ(889) rating3 2013-06-02
久しぶりに観ました。  凄く可愛い猫ちゃんが良かった!
推薦+1
山椒大夫 (1954) hacker(987) rating5 2013-05-25
最良の溝口健二は、常に最高の映画芸術です。
推薦+1
少年は残酷な弓を射る (2011) ドンペリ(889) rating4 2013-03-24
胃が痛くなるほどの母と子の壮絶な戦い。この映画は一度観れば沢山。一度観たら忘れられません。  本題『We Need to Talk About Kevin』が『少年は残酷な弓を射る』となったわけですが…
推薦+1
マルタ (1974) hacker(987) rating4 2013-03-06
ファスビンダーお得意の「愛の地獄」
マリーゴールド・ホテルで会いましょう (2011) おれんか(204) rating5 2013-02-18
人間何歳になっても道は開けるのね。ベテラン俳優陣が素晴らしいです。 悩んみなさそにみえちゃう超ポジティヴ思考の若者の言葉といい、何気に考えさせられます。そして最後には元気がでてくる映画。
推薦+1
大人の見る絵本 生れてはみたけれど (1932) ドンペリ(889) rating5 2013-02-15
素晴らしい!!  1932年、小津が28歳の作品なのですね。 嗚呼、無声映画の楽しさよ!  無声映画でも何でも、結局出来の良い作品はやっぱり面白い、ということですわね。
推薦+1
フェアウェル さらば、哀しみのスパイ (2009) おれんか(204) rating5 2013-02-01
冷戦終結真近の旧ソの実話ベースの話。こんなに深い祖国愛があるなんて。エミール・クリストリッツァってこんな顔した人だったのかと、みていただけなのに、予想外に哀しく切ない話で・・・。
推薦+1
フロイド 隠された欲望 (1962) おれんか(204) rating5 2013-01-06
不気味な症状を見せる患者がわさわさといてホラー映画の様相で始まるこの映画。今では普通に見聞きする精神医学論ですが、当時は斬新過ぎ(?)フロイトは誰にも受け入れられません。催眠療法は恐いですが、居心地…
推薦+1
ネタバレ
大人は判ってくれない (1959) ドンペリ(889) rating4 2012-12-30
アントワ―ヌが家族3人で映画を観に行った時の、楽しそうであどけない笑い声が、切なくて切なくて、不思議と今でも耳に残っています。
推薦+1
少年は残酷な弓を射る (2011) おれんか(204) rating4 2012-12-18
とっても地味ですが、ティルダ・スウィントンは素晴らしい女優さんだと思います。
推薦+2
ネタバレ
エリザベート2 若き皇后シシー (1956) hacker(987) rating3 2012-09-25
公開当時18歳だったロミー・シュナイダーの愛らしいこと!
©ずばぴたテック