みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 人生と生活
  5. 家族

家族/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
アイリッシュマン (2019) hacker2(51) rating4 2020-04-05
なるほど、Netflixを前提とすると、当然クローズアップが増えるのですね。
運び屋 (2018) hacker2(51) rating5 2019-07-04
実在した90歳の麻薬運び屋をモデルに、クリント・イーストウッドがおのれの人生を語った作品です。
にっぽんのお婆あちゃん (1962) hacker2(51) rating5 2019-06-08
まあ、俳優陣のすごいこと!
イット・カムズ・アット・ナイト (2017) hacker2(51) rating2 2019-04-07
下手ですねぇ〜。
ウインド・リバー (2017) hacker2(51) rating3 2019-01-13
意欲作とは思いますが...
ランナウェイ 逃亡者 (2012) hacker(987) rating4 2017-12-10
久しぶりに見るジュリー・クリスティーの存在感と美貌!それにひきかえ、ロバート・レッドフォードは老けましたねぇ〜。
必殺の一弾 (1956) hacker(987) rating5 2017-10-09
'The Fastest Gun Alive'という原題が印象的な、隠れた西部劇の傑作
マダムフローレンス!夢見る二人 (2016) ドンペリ(889) rating3 2017-03-23
メリルストリープとヒューグラントが夫婦役?!・・・ところがこれが違和感なし!
推薦+1
ネタバレ
マダムフローレンス!夢見る二人 (2016) おれんか(204) rating4 2017-01-24
ヒューグラントに泣かされる日が来るとは…!  昔から「顔だけ男」が定番だと思っていたので泣かされることが有るとは夢にも思ってませんでした。
推薦+2
スケアクロウ (1973) hacker(987) rating5 2016-07-17
いわゆるアメリカン・ニューシネマの時代に、数本、場合によっては一本の、印象に残る(必ずしも優れているわけではありません)作品を残して、映画の桧舞台から姿を消していった映画作家が何人かいます。公開当時…
推薦+4
キャロル (2015) おれんか(204) rating4 2016-05-15
ケイトブランシェットがひたすら素晴らしい映画。  ★4は彼女へのボーナスとしての大あま評価です。
推薦+1
イントゥ・ザ・ストーム (2014) hacker(987) rating3 2015-11-17
しょうもないことに変わりはありませんが、狙いが単純なだけに、結構見られます。
東京暮色 (1957) 第三の男(225) rating4 2015-09-28
家族の崩壊を「東京物語」とは異なる視点から描いた作品
推薦+1
博士と彼女のセオリー (2014) おれんか(204) rating4 2015-08-10
ホーキンス博士も素晴らしいのですが、その元妻ジェーンの献身がすごすぎて言葉を失います。思ったより長い映画に驚きました。
推薦+1
アメリカン・スナイパー (2014) おれんか(204) rating4 2015-08-06
このタイミングだし、某国首相に見せてやりたいと思った。(って観てるのかも知れないけど)
推薦+1
君が生きた証 (2014) おれんか(204) rating5 2015-03-13
アントン・イェルチン見たいだけだったので、けちってレディースディに観に行きました。ところがトレーラーではまったく気づかなかった意外な展開。これでいいのかと考えさせられてしまいますが、息子の残した歌を…
推薦+1
ネタバレ
チョコレート・ドーナッツ (2012) おれんか(204) rating4 2015-03-13
昭和生まれなので、それほど若くもないのですが、今や隔世の感があるゲイ差別に何が起こっているのか、理解に戸惑いました。一番の見どころはやはりアラン・カミングの熱唱、そしてダウン症児のアイザック・レイヴ…
推薦+1
ネタバレ
チョコレート・ドーナッツ (2012) hacker(987) rating4 2015-02-14
タイトル"Any Day Now"を見た瞬間、ボブ・ディランだと思いましたが、やっぱりそうでした。
推薦+1
インサイド・ルーウィン・デイヴィス (2013) hacker(987) rating4 2014-10-19
ボブ・ディラン登場以前のNYのフォークシンガーの苦しい日常を描いた作品
エレニの帰郷 (2008) hacker(987) rating5 2014-08-17
新作撮影中に事故死したアンゲロプロスの遺作です。
©ずばぴたテック