みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 人生と生活

人生と生活/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
ワンナイト イン モンコック (2004) ガルマ・ザビ(61) rating4 2006-09-16
さすがイー・トンシン・・  ノアール系もイケるんですネ。
推薦+2
笑の大学 (2004) 葉直(299) rating4 2004-12-21
(★4+)  椿一(つばきはじめ=劇団・笑いの大学座付作家=稲垣吾郎)が  スクリーンを横切っていきます。  背広はチェック柄。まずここでクスリと笑う。肩の辺り、柄合せがズレているのです。  それら…
推薦+2
ネタバレ
笑の大学 (2004) 刈上ゲひとし(282) rating3 2004-11-28
声を出して笑ってしまいました。
笑の大学 (2004) ドンペリ(889) rating3 2005-10-17
役所広司が上手いのは承知!稲垣君は「予想通りイマイチ」でやっぱり残念!  役所さんがちょっと気の毒に思えた。脚本の面白さでなんとか突っ走れましたけど。
推薦+1
笑の大学 (2004) J.S.ミル(128) rating2 2005-10-29
何か寂しい室内でのギャグ会話みたいな印象をうけました
笑の大学 (2004) ねん(54) rating4 2006-02-10
二人の変態男の、変態な会話が延々と続く。  だがそれは、「作家」「検閲官」という二人の立場、そして時代がもたらす悲哀でもある。  というのも何気なく表現してたり。(でもベースは喜劇よ)  役所広司さ…
笑の大学 (2004) そら(20) rating5 2004-11-15
よかったです!  特に役所広司さんが!!  基本的には役所さんと稲垣さんの会話を  見るだけの映画ですが、キャスティングと  演出の勝利といった感じです
笑の大学 (2004) SIN2(3) rating4 2005-05-18
第二次大戦中の日本。  当時、映画や舞台劇を公演するには警視庁の検閲を合格しなければならなかった。
笑の大学 (2004) mi-hoop(74) rating4 2004-11-17
役所広司ってやっぱりいい役者さんだな〜と再認識させられる映画でした。「笑の」とタイトルについていて、笑いを期待してくる観客を笑わせるって難しいことだと思いますが、役所さんの役どころの滑稽さが素晴らし…
推薦+1
笑の大学 (2004) るるぶ(143) rating4 2005-01-07
役所さんが変わっていく様が上手いw  チャンチャカチャンチャカとせわしない笑いw  元気になれる映画。楽しかったw
Watch with Me〜卒業写真〜 (2007) すっぴん(4) rating5 2007-05-17
この映画は、とても大切な作品です。  生きるとは何か?死を迎えるとは?ホスピスとは?  家族は何ができるのか?友人はどう接すればいいのか?  人生の最後に精算すべきことは無いか?  人生の最後に一番…
推薦+2
ネタバレ
わたしを離さないで (2010) hacker(987) rating4 2012-07-17
もう一つの『ブレード・ランナー』
私は死にたくない (1958) hacker(987) rating3 2006-11-12
あちこちで書いているように、ロバート・ワイズは嫌いな監督なのですが、「私はやっていない」を最後の言葉に処刑された、実在の死刑囚バーバラ・グラハムを取り扱い、死刑反対を明白に打ち出した、この作品は、作…
推薦+3
ネタバレ
私の頭の中の消しゴム (2005) mochi(104) rating4 2006-05-13
泣けます。  人との繋がりにおいて、関係において記憶というものがどれだけ重要か教えてくれます。アルツハイマー病という病気に侵されてしまった27歳の主人公とその恋人。純愛を描いての悲劇なので、涙なしに…
推薦+1
ネタバレ
私の頭の中の消しゴム (2005) パーマー(79) rating4 2006-08-06
主演の二人の演技がいい。
推薦+2
ネタバレ
私の頭の中の消しゴム (2005) 葉直(299) rating4 2005-11-20
(★4+)ラブストーリーです。  アルツハイマー病について追求している作品ではありません。  その病の特性が“忘れてしまう”という点にあること。  当然、逆の立場からすれば“忘れられてしまう”という…
推薦+4
ネタバレ
私の頭の中の消しゴム (2005) ねん(54) rating4 2006-07-10
「感動しました!」系の予告編のやりすぎ感が嫌いな自分。  そんな穿った自分にごめんなさい。  実直な愛の素晴らしさ。  思い出の大切さ。  心に響かないわけがなかった。    <この映画が合う人>  …
推薦+1
私の頭の中の消しゴム (2005) ガルマ・ザビ(61) rating4 2005-11-07
見事な逆輸入作品・・韓流の手腕が発揮されていると思います。
私が、生きる肌 (2011) ドンペリ(889) rating3 2013-02-02
グロテスクになりそうでいて、割とさらりと綺麗でした。
推薦+1
私が、生きる肌 (2011) hacker(987) rating3 2012-10-09
『めまい』と『フランケンシュタイン』を基調に、アルモドバル監督のお気に入りの要素を詰め込んだ作品。
©ずばぴたテック