みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 人生と生活

人生と生活/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
リフレクション (2021) hacker2(86) rating5 2022-07-07
『アトランティス』(2019年)に続く、ヴァシャノヴィチ監督の2021年公開の長編第2作です。現在も続いているロシアとの戦いに巻き込まれた人間の、正に現代の「戦争と平和」です。
こうのとり、たちずさんで (1991) dreamer(165) rating5 2022-06-30
鬼才テオ・アンゲロプロス監督がセリフを極端に削ぎ落として描く、"人間と旅"を厳しく見つめた、静かな秀作「こうのとり、たちずさんで」
推薦+1
ネタバレ
セックスと嘘とビデオテープ (1989) dreamer(165) rating5 2022-06-30
セックスと嘘が蔓延する欺瞞的な現代人の深層心理をシニカルに描いた、スティーヴン・ソダーバーグ監督の第1回監督作品「セックスと嘘とビデオテープ」
推薦+1
ネタバレ
天平の甍 (1980) dreamer(165) rating5 2022-06-30
明月帰ラズ碧海ニ沈ム 白雲愁色蒼梧ニ満ツ----ひとつの国家が体制を整えようとする時の情熱を描く熊井啓監督の入魂の一作「天平の甍」
推薦+1
ネタバレ
八月の鯨 (1987) dreamer(165) rating5 2022-06-30
人生の黄昏を迎えた5人の男女のささやかな日常を、微妙な心理描写と共にキメ細やかに映し出した、詩情溢れる人生ドラマの秀作「八月の鯨」
推薦+1
ネタバレ
アダプテーション (2002) dreamer(165) rating5 2022-06-30
書けない時の脚本家の苦悩を虚実織り交ぜて描き、自虐的で内向的な仰天するような世界を描いた秀作 「アダプテーション」
推薦+1
ネタバレ
蒲田行進曲 (1982) dreamer(165) rating5 2022-05-21
泣く、笑う、ハラハラドキドキの映画愛に満ち溢れ、人間の情念を描く人情喜劇の最高傑作「蒲田行進曲」
推薦+1
ネタバレ
男はつらいよ 寅次郎相合傘 (1975) dreamer(165) rating5 2022-05-20
男はつらいよシリーズ中の最高傑作「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」
推薦+1
ネタバレ
三匹の侍 (1964) dreamer(165) rating5 2022-05-16
反権力の颯爽とした三人の浪人を描きながら、他方で生きるために権力に使われる冴えない浪人を、ニヒリズムの視点で描いた「三匹の侍」
推薦+1
ネタバレ
ショコラ (2000) dreamer(165) rating4 2022-05-06
ラッセ・ハルストレム監督が描く、美しく夢のような不思議なおとぎ話の世界
推薦+1
ネタバレ
愛すれど心さびしく (1968) dreamer(165) rating5 2022-05-05
カーソン・マッカラーズの小説の映画化作品で、原題は「The Heart Is a Lonely Hunter(心は孤独な狩人)」
推薦+1
ネタバレ
紳士協定 (1947) dreamer(165) rating5 2022-05-05
ユダヤ人差別問題に鋭く切り込んだ「紳士協定」
推薦+1
ネタバレ
家族 (1970) dreamer(165) rating5 2022-05-05
日本経済の高度成長に伴う無理を、何気なく、しかし実に鮮やかに表現した映画「家族」
推薦+1
ネタバレ
大いなる勇者 (1972) dreamer(165) rating5 2022-05-04
現代では失われてしまった豪放な男の生きざまを通して、人間が生きていく事の意味を、その原点に立ち返って見つめ直す事を描いた「大いなる勇者」
推薦+1
ネタバレ
ナッシュビル (1975) dreamer(165) rating5 2022-05-02
社会と人間を凝視したロバート・アルトマン監督の群像劇の秀作「ナッシュビル」
推薦+1
ネタバレ
ニッポン無責任時代 (1962) dreamer(165) rating4 2022-04-28
東宝映画で社長シリーズに対する逆説として企画された、ハナ肇とクレージー・キャッツの植木等主演の"無責任男"シリーズの一篇
推薦+1
ネタバレ
祭りの準備 (1975) dreamer(165) rating5 2022-04-26
1950年代半ばの高知県中村市(現在の四万十市)を舞台に、シナリオライターを目指す若者の青春を描いた「祭りの準備」
推薦+1
ネタバレ
家族の肖像 (1974) dreamer(165) rating5 2022-04-25
イタリア映画界の巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督の、自らの死を近くに見据えた晩年の代表作「家族の肖像」
ネタバレ
渚にて (1959) dreamer(165) rating5 2022-04-25
戦争の無益さを描いた、東西冷戦時代の映画の先駆けとなった「渚にて」
推薦+1
ネタバレ
フォロー・ミー (1972) dreamer(165) rating4 2022-04-23
名匠キャロル・リード監督が、ピーター・シェーファーのひと幕ものの舞台劇を映画化した作品「フォロー・ミー」
推薦+1
ネタバレ
©ずばぴたテック