みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 恋愛と青春
  5. 恋愛

恋愛/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
白い酋長 (1952) 5衛(25) rating3 2007-07-01
喜劇らしい喜劇。ラストの二人に泣き笑い。
スコルピオンの恋まじない (2001) ドンペリ(889) rating3 2007-07-01
どうみてもジイサンのウディ・アレンのラブコメ、頑張るね〜と。
推薦+1
ネタバレ
あなただけ今晩は (1963) おくらほま(231) rating4 2007-06-24
原題「可愛いイルマ」。看板に偽りなし。シャーリー・マクレーンがこの上なくかわいらしい。その上セクシー。でもこの邦題も上手いです。
推薦+2
月曜日のユカ (1964) ドンペリ(889) rating4 2007-06-23
なるほど〜。  内容は当時としては かなりススンデいたと思いますが、ネチッとしてないし、全然いやらしくないんですね。
推薦+2
ネタバレ
ニューヨークの恋人 (2001) 葉直(299) rating3 2007-06-22
時を越えて赤い糸が結ばれる、というお話。  タイムトラベルな恋の面白さを、サラりと楽しめます。  〔TV×1〕
推薦+2
無問題(モウマンタイ) (1999) tomokili(297) rating5 2007-06-11
久しぶりのサモ・ハンでした。
恋のエチュード (1971) ドンペリ(889) rating4 2007-06-06
美しい風景が沢山。
ネタバレ
月曜日のユカ (1964) 第三の男(227) rating4 2007-06-01
うん、人形、買うでしょう、ふつう。
推薦+2
清作の妻 (1965) まんだむ(169) rating5 2007-05-20
阿部定事件よりも壮絶であろう内容(実話ではないようですが)が有名なのか知らないですけど、たまたま悲惨な結末を知ってしまっても観たくなってしまいました。 DVDに収録されている当時の予告編でも結末とい…
推薦+2
ラブソングができるまで (2007) ドンペリ(889) rating4 2007-05-19
いやー楽しかった!  こういう罪のない映画はいいですね〜。誰も死なないし・・。たまには見なくっちゃね!
推薦+1
奇跡の海 (1996) ドンペリ(889) rating2 2007-05-12
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と同じテイスト。  やっぱりダメ〜、途中から胸のあたりがムカムカしてきた・・・。
ネタバレ
ガス人間第一号 (1960) カトキチ(801) rating3 2007-04-25
もしこれが『舞姫』とかいうタイトルだったら、もっと驚いたはずだ。
推薦+2
哀愁 (1940) ドンペリ(889) rating5 2007-04-25
ヴィヴィアン・リー絶頂期の美しさに・・・それが戦争による悲恋物語でもあり、  私もみかん星人さん同様「星いつつ」が礼儀のような気がしています。
推薦+2
ネタバレ
ニュー・シネマ・パラダイス (1989) みかん星人(309) rating4 2007-04-14
これ、「映画好き」を自認する者にとって評価の対象になりえない存在の様な気がします(笑)
推薦+4
恋する遺伝子 (2001) ドンペリ(889) rating3 2007-04-09
特に驚くことのないラブコメですが、飽きずにみられました。(テレビでやってた)
推薦+1
ネタバレ
プラダを着た悪魔 (2006) みかん星人(309) rating4 2007-04-06
面白い映画だろうとは思っていました。イメージとしては『麗しのサブリナ』のサブリナがパリで過ごして、輝く美しさを具えて帰って来るまでの日々を描いている映画、という感じ。   そして、実際、これはとても…
推薦+1
ネタバレ
初恋のきた道 (1999) ドンペリ(889) rating3 2007-04-05
どこもここも切り取ってブロマイド(古い!?グラビアの方がいいのかしら?)に出来そうな彼女のアップだらけ・・。
推薦+2
ネタバレ
大奥 (2006) みかん星人(309) rating2 2007-04-03
ここまで変えてしまうのなら、「絵島生島事件」を舞台にしない方が良かったのに。  大奥に囚われた女性の、「権力争い」ではなく「幸せの追求」を描くというテーマは、なかなか面白いでしょうに。。。
推薦+3
オスカー・ワイルド (1997) ドンペリ(889) rating3 2007-04-02
イギリスの生んだ作家『オスカー・ワイルド』の一面を知るにはいいかも。
推薦+1
ネタバレ
ローラ (1961) hacker(987) rating4 2007-04-01
実は、先日初めて観たのですが、『女は女である』は、この作品へのゴダール流の「返答」である事と、初期のヌーヴェルヴァーグに共通して見られるカメラの自由な動きは、マックス・オフュルスの遺産である事を、認…
推薦+2
ネタバレ
©ずばぴたテック