みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. ドラマ
  4. 恋愛と青春

恋愛と青春/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
あなたに降る夢 (1994) おれんか(204) rating3 2012-02-07
最後にはみんなハッピー!という、子供も一緒に見てもオーケーな、おとぎ話チックな恋愛物語。  ブリジット・フォンダがお人形のようにかわいくって、そっちの方が眼福かもしれません。
推薦+1
荒馬と女 (1961) hacker(987) rating4 2012-01-13
マリリン・モンローの才能を感じさせる遺作です。
隠し剣 鬼の爪 (2004) hacker(987) rating3 2012-01-10
「おにばば」を演じた光本幸子に衝撃!
クリスチーネ・F (1981) おれんか(204) rating4 2011-12-21
この映画をみて、それでもクスリに手を出そうと思えるのでしょうか。  麻薬撲滅運動とかでもっと積極的に活用してもよさそうな映画です。
推薦+1
ネタバレ
ミリオンダラー・ホテル (2000) おれんか(204) rating4 2011-12-15
トムトム演じるジェレミーデイヴィスが本当に足りない人のようで…。障害者の痛みは障害者にしかわからないかのようで居心地悪いですが、純愛ストーリーです。
推薦+1
レジェンド・オブ・フォール (1995) おれんか(204) rating3 2011-12-15
まぎれもなく、ブラピのプロモーション映画だったのですが…。  話の展開や主人公に、いまいち共感できない話だったんですよね。見どころは映像や景色の美しさでしょうか。  ブラピはかわいいけど、いまいち好きに…
ネタバレ
ドニー・ダーコ (2001) おれんか(204) rating4 2011-12-14
少年の眼を通して、世界は終わりに向かっているのか、いや、彼が何かしでかすのか・・・とドキドキしているところに、話が途中に戻ってしまいます。  当然混乱するのですが、この混乱を解明しないと気が済まない気…
推薦+1
ネタバレ
リバティ・バランスを射った男 (1962) hacker(987) rating5 2011-11-21
何と美しい映画でしょう。
マイ・フェア・レディ (1964) hacker(987) rating4 2011-11-21
オードリーのファンには申し訳ありませんが、彼女より舞台を務めたジュリー・アンドリュースの方が適役だったと思います。ヘプバーンだとヒギンズ教授に拾われる前もきれいなんですよねぇ。汚い言葉を発しても、不…
推薦+1
蜘蛛女 (1993) おれんか(204) rating3 2011-11-07
レナ・オリンの手段を選ばないマフィアぶりが怖いです。彼女にはVampという言葉がぴったり!  言い方を替えればそれだけが見どころとも言えなくないのですが、彼女は素晴らしいです。
推薦+1
ネタバレ
そして僕は恋をする (1996) hacker(987) rating3 2011-11-05
フランスのインテリは理屈っぽくって、女好きです。
プラダを着た悪魔 (2006) おれんか(204) rating5 2011-10-27
メリル・ストリープのビッチぶりに脱帽。これだけ嫌な女なのに、神のように崇められる存在になってみたいものです。
推薦+1
リッキー (2009) hacker(987) rating3 2011-10-18
フランソワ・オゾンらしい、何とも不思議な映画です。
ハンナ (2011) hacker(987) rating2 2011-10-17
一箇所、手持ちカメラによる、素晴らしい長廻しがありますが…結果的に★★の映画ばかり並べてしまい、恐縮です。
ブーリン家の姉妹 (2008) おれんか(204) rating2 2011-10-17
115分で描くのには土台ムリが有りすぎるテーマなのでしょうか?   因果応報、身の程知らずの欲は身を滅ぼすんだよ〜という訓示のためだけの映画のようです。
推薦+1
女賭博師 (1967) hacker(987) rating2 2011-10-12
女賭博師には男は要らない。
モールス (2010) hacker(987) rating5 2011-10-02
ありとあらゆるホラー映画へのオマージュに満ち満ちた傑作。
推薦+1
ネタバレ
つぐない (2007) おれんか(204) rating4 2011-09-29
静かな悲恋物語を見ていたはずが…最後の最後で息を飲んでしまいました。  そしてこれは哀しくもおそろしい話だと思うのですが…。
推薦+1
ネタバレ
月曜日のユカ (1964) hacker(987) rating3 2011-09-13
「被写体」としての加賀まりこ
ハッピー・ゴー・ラッキー (2008) hacker(987) rating5 2011-08-24
ヌーヴェル・ヴァーグが、ここに生きています。
©ずばぴたテック