みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. フィルム・ノワール

フィルム・ノワール/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
現金に手を出すな (1954) 5衛(25) rating5 2007-03-30
初老ギャングの男の友情。ギャバンが渋くてかっこいい。
推薦+1
暗黒街の弾痕 (1937) 第三の男(225) rating4 2007-01-20
若ーいヘンリー・フォンダと可愛らしいシルヴィア・シドニーのちょっと気の毒な話です。
推薦+1
あるいは裏切りという名の犬 (2004) ドンペリ(889) rating4 2007-01-19
そこそこ年齢のいった男たちが シブイ演技をみせる。  アクション映画に違いないが ハリウッドのソレとはどことなく違う・・・。
推薦+3
あるいは裏切りという名の犬 (2004) まんだむ(169) rating4 2007-01-02
ノワールと言うと、当たり外れが激しいイメージがあります。つまらないものは徹底的につまらなかったりするのですが、本作はダニエル・オートゥイユとジェラール・ドパルデュー、渋い二人の存在感も光り、脚本も良…
推薦+2
失われた週末 (1945) ドンペリ(889) rating4 2006-12-29
アル中の姿を実にリアルに描くので、さながらサスペンス映画のような錯覚に陥る。怖い。
推薦+1
ネタバレ
殺しの烙印 (1967) hacker(987) rating3 2006-12-03
『ピストル・オペラ』があまりにも面白かったので、久しぶりにビデオで再見しました。
推薦+2
殺しの烙印 (1967) 第三の男(225) rating5 2006-10-27
私も米の炊ける匂い好きなんですけど...  殺し屋の才能があるのか(んなわきゃねーだろっ!)  ちなみに、本来もう少し早く作られているようです。'67年版てのを見てみましたが、際どいところにカットが…
推薦+2
ネタバレ
拳銃は俺のパスポート (1967) 第三の男(225) rating4 2006-09-13
私、ついさっきまで宍戸錠さんをコメディアンだと思っていました。悔い改めます。許してください(まんだむさん仰るように、ほっぺたがちょいと気になりますが...)
推薦+2
拳銃は俺のパスポート (1967) まんだむ(169) rating4 2006-08-21
こうゆう面白い作品を観てしまうと、日活アクション映画に無闇に手を出したくなりますが、このレベルの作品は少ないのかな。
推薦+2
シシリアン (1969) ドンペリ(889) rating4 2006-08-13
フランスの代表選手ジャンギャバン&アランドロン&リノバンチェラが一度に見られる。   ので、悪くない。  後のゴッドファザーの原型が見え隠れします。
推薦+2
ネタバレ
殺しの烙印 (1967) マーク・レスター(26) rating3 2006-07-08
ポータブルDVDプレイヤーによる   車内鑑賞レビュー
推薦+1
ネタバレ
死刑台のエレベーター (1957) カトキチ(801) rating4 2006-05-28
これを25歳で撮った事が信じられない。
推薦+1
黒衣の花嫁 (1967) hacker(987) rating2 2006-04-15
ヒロインが、自分の夫を偶発的に殺した可能性のある5人の男性を、復讐のために殺していく、という物語の原作は、トリュフォー愛好のコーネル・ウールリッチ(=ウィリアム・アイリッシュ)です。当然、ヒロインの…
推薦+3
ポイント・ブランク (1997) カトキチ(801) rating4 2006-03-26
90年代後半を代表する異色作にして、『ビッグヒット』と並んで過小評価されている傑作。
推薦+2
潜行者 (1947) 第三の男(225) rating3 2006-03-23
主人公の顔を前半まったく映さないという試みは面白いのだが...
推薦+1
死刑台のエレベーター (1957) 第三の男(225) rating4 2006-03-01
愛人と共謀しての夫殺し、刹那的な自動車泥棒と殺人なんて、なんだか最近良くある話ですね。50年も前の映画なんだよな、これ。進んでるなあ(なんて感心している場合ではないのかも知れないが...)
推薦+1
ネタバレ
みな殺しの霊歌 (1968) カトキチ(801) rating5 2006-02-24
拝啓、hacker様
推薦+3
バーバー (2001) カトキチ(801) rating3 2006-02-15
これぞコーエン兄弟の世界。
推薦+1
秘密のかけら (2005) hacker(987) rating4 2006-01-28
トラウマを描く映画作家と言われるアトム・エゴヤンの最新作。しかし、彼の作品が常に印象的な、本当の理由は、満たされない愛を抱えて、生きていく人間たちを見つめる姿勢だと思います。出世作『エキゾチカ』同様…
推薦+2
ネタバレ
地下室のメロディ (1963) ドンペリ(889) rating4 2005-12-05
ジャンギャバンとアランドロン、互いの良さが出ていて 脚本良し、音楽良し、モノクロ、で粋。  ラストシーンは一度見れば忘れないです。。。
推薦+1
ネタバレ
©ずばぴたテック