みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 推理・ミステリ

推理・ミステリ/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
ソウ (2004) ねん(54) rating4 2005-11-14
見てください、この手の汗の量。  これがSAW手汗ダイエットの効果です。      <この映画が合う人>  ・ハラハラ不足の現代人
推薦+2
ソウ (2004) 葉直(299) rating4 2005-11-07
参ったぁ。。。困る。。。  〔TV×1〕
推薦+1
ネタバレ
フェノミナ (1985) AoB(9) rating2 2005-11-07
ダリオ・アルジェント作品の中では、個人的には今ひとつだと思っている作品。     我が青春のジェニファー・コネリーが一番輝いていた時期の作品なので、ジェニファーのファンなら観る価値はあると思います。
オリエント急行殺人事件 (1974) J.S.ミル(128) rating4 2005-10-29
夜に行われた事件の内容がすごいなあと思った。
裏窓 (1954) J.S.ミル(128) rating2 2005-10-28
ずっと、主役の人がマシンガントークしてたという印象を受けました。狭い花壇の回りでずっと映画が進行するのがどうかなと思いました。AFI選定歴代42位の偉業
ソウ (2004) ドンペリ(889) rating3 2005-10-28
胸がムカムカするような気味悪さと、怖さを持続させるのは凄いと思いました。  廃墟となった汚いバスルームにズーッと鎖で繋がれたままなので、それは私の平常心を乱すのに充分であり、  便器なども薄汚れてい…
推薦+2
第三の男 (1949) J.S.ミル(128) rating2 2005-10-27
推理やミステリー、サスペンスの映画としてこれくらいが妥当。AFI選定歴代57位の偉業は持ってます。私好みではないだけと思う
シャレード (1963) J.S.ミル(128) rating3 2005-10-27
内容は完璧なサスペンス映画にも思えますが、感動しませんでした
ナショナル・トレジャー (2004) mochi(104) rating4 2005-10-19
ロマンがあって、ハラハラ・ドキドキもさせてくれたし、とても面白かったです。こういう、宝捜し系好きなんですよね、私。
ネタバレ
バニラ・スカイ (2001) tappei(9) rating4 2005-10-15
主人公が住んでいるペントハウス、車、服などに目を奪われ、初回見たときは呆気にとられました。  個人的にはサントラが大好きです。  年をとってもトムクルーズはカッコ良い。。
ティコ ムーン (1997) グノッサ(72) rating4 2005-10-13
これぞSF映画の正しい形だ。説明は物語の展開で入れていくべきであって、言葉で全て行うものじゃない。雰囲気も実に良し。
推薦+1
第三の男 (1949) ドンペリ(889) rating3 2005-10-12
この映画の特徴である‘白黒映画ならではの映像美の陰影’の強調には、  ‘人間(の心)に潜む陰影’をも重ねているのだと見て取れます。  暗闇に浮かぶハリーの顔、そしてその顔が微笑む、なんてのもその一つ…
推薦+2
CUBE (1997) momochichi(408) rating3 2005-10-11
期待が大きすぎました・・・・・
推薦+1
ネタバレ
ウディ・アレンの影と霧 (1992) おくらほま(231) rating3 2005-10-06
ウッディ・アレン映画が苦手な者ですが、これはいつもと少し雰囲気が違うので、ちゃんと最後まで観られた作品です(逆にファンには評判が悪いようです)。  妻を寝取られたマルコヴィッチと寝取った(買った)キ…
閉ざされた森 (2003) ドンペリ(889) rating1 2005-09-21
いやはや・・・。こうなると何も残らないじゃない。  360度回って元に戻っちゃいましたって感じです。(なんとなく解ってください)
ネタバレ
十二人の怒れる男 (1957) hacker(987) rating4 2005-09-19
社会派監督として永年活躍することになるシドニー・ルメットの出世作でしょう。この映画で個人的に印象に残っているのは、12人の議論の過程は当然なのですが、冒頭で陪審員室に入る前にヘンリー・フォンダが被告…
推薦+2
シックス・センス (1999) カトキチ(801) rating3 2005-09-18
2回観れるけど、この映画はそこまでかってないです。
ネタバレ
十二人の怒れる男 (1957) ドンペリ(889) rating4 2005-09-18
モノクロで全編暑苦しい部屋の中だけで 陪審員12人が父親殺しの少年に  有罪か無罪かを討論し結論付けていく過程を90分描きます。  12人の個性が際立っていて素晴しいのですが テーマは重く、恐ろしい…
推薦+3
シャレード (1963) ドンペリ(889) rating5 2005-09-08
「すべてをお洒落に」ミステリーを作るとこうなるかと。  大好きな映画です。
推薦+1
名探偵登場 (1976) グノッサ(72) rating4 2005-09-02
アレック=ギネスが名優だというのは、これを観ただけで分かる。
©ずばぴたテック