みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 西部劇..
  5. ネイティブ・アメリカン

ネイティブ・アメリカン/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
レッド・ムーン (1968) dreamer(67) rating5 2021-06-06
子供を奪われたアパッチ族のインディアンの怨念と怒りに焦点を当て、"アメリカン・ニューシネマ"の先駆けともなった、"極限状況西部劇"の秀作「レッド・ムーン」
推薦+1
ネタバレ
アパッチ (1954) hacker2(65) rating3 2018-12-23
ある意味で歴史的作品です。
レッド・ムーン (1968) hacker(987) rating4 2017-06-11
公開当時、ベトナム戦争の影響を受けた西部劇と言われたものです。
チャトズ・ランド (1972) hacker(987) rating4 2016-10-02
個人的には高く評価している『追跡者』(1970年)を残したマイケル・ウィナー監督の印象的な作品
リンゴ・キッド (1966) hacker(987) rating3 2016-09-11
実在した左利きのガンマン、ジョニー・リンゴを登場させたマコロニ・ウエスタン。ただし、史実とは無関係です。
キャット・ダンシング (1974) hacker(987) rating3 2008-11-05
ネイティブ・アメリカンとの関係を真摯に描いた、もう一つの『さらば荒野』であり、『捜索者』への反論。
推薦+1
ネタバレ
荒野に生きる (1971) hacker(987) rating4 2008-11-04
リチャード・C・サラフィアン監督が、前作『バニシング・ポイント』のアンチテーゼとして撮った作品。    注:本文中で『バニシング・ポイント』の結末にも言及しています。
推薦+1
ネタバレ
ガンヒルの決斗 (1959) ドンペリ(889) rating4 2008-08-13
この映画の主人公は二人だな〜
推薦+1
夕陽に向って走れ (1969) hacker(987) rating4 2008-07-12
「『夕陽に向かって走れ』には、動機は存在せず、説明も行われない。私はそんなことで時間を無駄にしたりはしない。物語の諸要素があり、それだけでそれ自身の説明なんだ」(監督の発言、「カイエ・デュ・シネマ」…
推薦+1
大いなる勇者 (1972) ドンペリ(889) rating4 2006-09-08
シドニーポラック監督が ロバートレッド・フォードを男っぽく料理したかったのね。
推薦+1
ネタバレ
ガンヒルの決斗 (1959) hacker(987) rating4 2006-01-01
この映画の監督ジョン・スタージェスは、個人的にはもっと高く評価されても良いと思っている、西部劇のスペシャリストです。この作品の他にも、『OK牧場の決斗』、『荒野の七人』、『ゴーストタウンの決斗』、『…
ネタバレ
捜索者 (1956) がるしあぱーら(70) rating5 2005-12-13
大西部を生きる人間の求める安らぎとジョン・ウェインの悲痛なる彷徨。そして、これほど完璧なファーストシーンとラストシーンを併せ持つ映画が他にあるだろうか。
推薦+2
ネタバレ
大いなる勇者 (1972) hacker(987) rating4 2005-10-22
原題は主人公の名前なのですが、これも傑作邦題の一つだと思います。ロバート・レッドフォードの代表作というと、意外に思い浮かばないものですが、この作品はそう呼ぶに値するものです。同時に、長いキャリアの中…
推薦+1
ネタバレ
ラスト・オブ・モヒカン (1992) おれんか(204) rating3 2005-09-25
風景と景色が素晴らしい。BGMも壮大感あふれるものだ。だけど、これらが浮いてしまうほど話自体はつまらなかった。ダニエル・デイ=ルイスにつられて見に行ってしまったのだけど・・・。
捜索者 (1956) グノッサ(72) rating3 2005-09-02
フォードが新たな西部劇を作ろうとしている姿勢は分かるが、心情的にはダメ。起伏のない物語と徹底した人種差別の物語が観ていて辛い。
ダンス・ウィズ・ウルブズ (1990) 移転先をたどったら閉店(317) rating4 2004-10-12
'先住民支援派としては、こういった作品は大好きなんです。  結局は歴史的にみて迫害されてしまう立場な
ネタバレ
©ずばぴたテック