みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 恐怖
  5. スプラッター

スプラッター/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
サスペリア (1977) kanchi_55(2) rating5 2004-10-15
音楽といい色使いといい、それまでの恐怖映画とは一線を画した作品。
スーパー・ヴィクセン (1975) カトキチ(801) rating5 2006-06-29
完璧な娯楽映画と言って差し支えない。
推薦+2
ホステル (2005) えねぴっこ(40) rating4 2007-08-07
東欧の田舎町のおっかなさは異常
推薦+3
ジェーン・ドウの解剖 (2017) hacker2(72) rating4 2019-03-23
近年、出色のホラー映画
屋敷女 (2007) hacker(987) rating4 2012-10-01
『死霊のはらわた』以来、いや『悪魔のいけにえ』以来の衝撃かも...
 (1963) tomokili(297) rating4 2007-04-29
1匹の鳥が・・・
 (1963) ミュリエル(15) rating4 2007-11-16
ヒッチコックはやっぱりすごい。  60年代の映画とは思えない映像の出来。  現代の技術があろうが追いつけない映画としての質と内容。パニック映画ってくだらないと冷めてしまうことが多いけどこれは襲ってく…
悪魔のいけにえ2 (1986) ミュリエル(15) rating4 2007-08-27
1作目と比べてしまうけど、これはこれで好き。  なんかレザーフェイスが可愛い気がしてこない?  謎が解けつつ、笑いたくなる面もあって、  やっぱりビビらせてくれる。
ミラーズ (2008) hacker(987) rating4 2014-10-05
鏡に向こうにある世界...よくある題材をタルコフスキーの世界で展開させた佳作
サスペリア (1977) hacker(987) rating4 2017-08-13
デジタル・リマスター版にて再見。一度聴くと耳から離れなくなるゴブリンの音楽と、原色に彩られた画面作りが実に印象的です。全面的に書き直しました。
 (1963) teRataro(80) rating4 2004-06-08
制作費はあまり掛かっていない作品です。  今とはもとより、当時としても特撮の技術レベルは低いです。  それでもあれほどの恐怖感を表現できたのは、偏に着想と脚本の素晴らしさです。  制作費と作品の出来…
カラー・ミー・ブラッド・レッド (1965) hacker(987) rating3 2012-10-09
スプラッターの生みの親、ハーシェル・ゴードン・ルイスが、本物の血を使う画家を題材に、その想いを語ったかのような映画
ハイテンション (2003) hacker(987) rating3 2012-09-24
ホラーとしての出来栄えの良さは否定しませんが、アンフェアなのは決定的なマイナスですね。
悪魔のいけにえ2 (1986) hacker(987) rating3 2005-10-27
映画史に名が残ると思われる傑作『悪魔のいけにえ』の続編です。前作では、襲う側の狂気に圧倒されましたが、この作品では、それに対抗する、復讐に燃える元警察官(デニス・ホッパー、『ブルーベルベット』や『ス…
ヘル・ゴースト (1988) hacker(987) rating3 2005-09-17
この手のホラー映画には妙に印象に残るのが何本かあるのですが、そういう一本です。
推薦+1
エルム街の悪夢 (1984) hacker(987) rating3 2005-06-27
夢の中での出来事が現実に起こるというアイデアは珍しくないのでしょうが、この映画のフレディのような例は、他には知りません。フレディの存在自体が、ホラー映画のアイデア賞のようなもので、その面白さと悪ノリ…
 (1963) (149) rating3 2004-08-31
子供の頃親父に見せられて泣きそうなくらい  怖かったです。。今見てもおもしろいですよね。
13日の金曜日 (1980) hacker(987) rating3 2005-05-21
このシリーズも映画史に名を残すものになってしまいました。それに敬意を表しての採点です。もっとも、この第1作はシリーズ全体から見ると番外編になります。(激しいネタバレ有、観ていない方は以下は読まないで…
ネタバレ
血の祝祭日 (1963) hacker(987) rating3 2005-01-04
スプラッター・ムービーの元祖として有名な映画です。派手に血と内臓を見せびらかすこと(ロメロ監督にも引き継がれていますが)により、生理的嫌悪感を煽る、ただ他の場面はどうしょうもなく稚拙な作品だと思いま…
 (1963) ドンペリ(889) rating3 2006-03-05
今だったら 人間と動物の共生のバランスが崩れて・・という環境問題の話でくくれるところですが   ここでは何故鳥が増えてきたのか人間を襲うのかは明かされないまま。そういう映画なのね。  でも不気味さは…
推薦+2
©ずばぴたテック