みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 犯罪
  5. 殺人

殺人/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ (2020) hacker2(65) rating4 2021-10-17
『もっとも危険な遊戯』の松田優作の有名なシーンを再現してくれたことに感謝です。
白い恐怖 (1945) dreamer(67) rating4 2021-05-18
フロイトの精神分析学をストーリーに大胆に導入し、人間の罪の意識をキーワードに、実験的映像で心の内面を抉った「白い恐怖」
推薦+1
ネタバレ
死刑台のエレベーター (1957) dreamer(67) rating5 2021-05-16
都会を映すノワールなモノクロ映像と即興演奏によるジャズの音楽が、現代人の空虚な心理を斬新な演出で鋭く抉ったルイ・マル監督の秀作「死刑台のエレベーター」
推薦+1
ネタバレ
トラフィック (2000) dreamer(67) rating5 2021-05-11
スティーヴン・ソダーバーグ監督が迫真のドキュメンタリー・タッチで描いた、社会派群像劇の秀作「トラフィック」
ネタバレ
天城越え (1983) dreamer(67) rating5 2021-05-04
現在、過去、大過去と回想の断片を錯綜させ、響きと怒りに満ちた、この世のおぞましい地獄絵と人間の情念を描いた秀作「天城越え」
推薦+1
ネタバレ
太陽がいっぱい (1960) dreamer(67) rating5 2021-03-16
映画史に長く残る青春映画、サスペンス映画の金字塔ともいえる名作「太陽がいっぱい」
ネタバレ
砂の器 (1974) dreamer(67) rating5 2021-03-07
宿命のもつ哀しみを打ち破ろうとする人間の栄光と挫折を描いた、日本映画史に残る不朽の名作「砂の器」
推薦+1
ネタバレ
タクシードライバー (1976) dreamer(67) rating5 2021-03-06
ニューヨークという、得体の知れない魔性の怪物と、そこに住む孤独で鬱屈した、内向的な人間の狂気との関係を、ドキュメンタリー的手法で描いた「タクシードライバー」
推薦+1
ネタバレ
パララックス・ビュー (1974) hacker2(65) rating3 2021-01-26
暗殺が多発するアメリカ政治の裏側を扱った政治サスペンス
夜の大捜査線 (1967) hacker2(65) rating4 2021-01-12
昨年のBLM運動を振り返って、再見し、原作も再読しました。
アイリッシュマン (2019) hacker2(65) rating4 2020-04-05
なるほど、Netflixを前提とすると、当然クローズアップが増えるのですね。
ジョーカー (2019) hacker2(65) rating4 2019-12-05
現代的かつ現実的なジョーカー
ハネムーン・キラーズ (1970) hacker2(65) rating5 2019-06-26
トリュフォーが絶賛したヌーヴェル・ヴァーグ精神にあふれたカルト作品。
反逆のメロディ (1970) hacker2(65) rating4 2019-04-07
「時代にあわせて呼吸するつもりはない」という言葉を残した原田芳雄は、やはり70年代の象徴的な役者の一人でした。
ヒットマンズ・レクイエム (2008) hacker2(65) rating5 2019-03-23
『スリー・ビルボード』のマーティン・マクドナー監督の処女作。いや、才能というのは隠せないものです。
狼の王子 (1963) hacker2(65) rating5 2019-02-17
プログラム・ピクチャー作家として知られた舛田利雄のおそらく最高傑作!
ラスト・ラン (1971) hacker2(65) rating3 2019-01-20
カタルシスのないラスト・ラン
ウインド・リバー (2017) hacker2(65) rating3 2019-01-13
意欲作とは思いますが...
ビューティフル・デイ (2017) hacker2(65) rating3 2019-01-08
原作があるとは言え、明らかに『タクシー・ドライバー』を下敷きに『レオン』をまぶした映画になっています。
憲兵とバラバラ死美人 (1957) hacker2(65) rating3 2018-12-30
こんなの(失礼!)わざわざ観る人もいないでしょうね。ですが、まともなミステリー仕立ての映画です。
©ずばぴたテック