みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 犯罪

犯罪/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
黄金の腕 (1955) 5衛(25) rating4 2007-06-27
キム・ノヴァクがきれいで、何回見ても飽きない。
俺にさわると危ないぜ (1966) 5衛(25) rating4 2006-10-28
爆弾雨振る戦地のオープニング、タイトルで流れるキテレツなる主題歌、そして黒タイツ現代くノ一集団の、珍なる忍術。クライマックスで下着姿で縛られてる松原さん等々、見所いっぱい。まさに活劇。
推薦+1
点と線 (1958) 5衛(25) rating3 2007-07-01
結核の妻がこのダンナを信じていたというのが、不思議な気がした。
レオン (1994) Arutemisu2(6) rating5 2004-12-28
最後のシーンがショックで泣いちゃいました。  でも、すぐに泣き止みました。
バットマン (1989) J.S.ミル(128) rating2 2005-10-29
現実的でないしいまいちです。イメージキャラのコスチュームを変えるべきと思う
理由なき反抗 (1955) J.S.ミル(128) rating4 2005-10-29
ジェームズ・ディーンが最も若々しく、輝いてる映画と思う。アメカジのジーパン、デニムのファッションの元祖となった映画でもある。ダンディーですねい。AFI歴代59位
郵便配達は二度ベルを鳴らす (1942) J.S.ミル(128) rating2 2005-10-29
非常に画像が悪く、見ていて目がおかしくなりそうでした。モノクロだからというわけではありません。感動はしない、甘ったるい恋愛映画みたいに感じました。
クリフ・ハンガー (1993) J.S.ミル(128) rating5 2005-10-27
感動の一言につきます。事件をきっかけに、愛を越える男の友情の物語?に感じました。ハルはスタローンを許したかは疑問ですが、おそらく、許したのだと思います
裏窓 (1954) J.S.ミル(128) rating2 2005-10-28
ずっと、主役の人がマシンガントークしてたという印象を受けました。狭い花壇の回りでずっと映画が進行するのがどうかなと思いました。AFI選定歴代42位の偉業
サイコ (1960) J.S.ミル(128) rating4 2005-10-27
迫力のあるサスペンス映画。平然とした犯人が不気味。AFI選定歴代18位。AFIサスペンス部門歴代1位の偉業
ラスベガスをやっつけろ (1998) J.S.ミル(128) rating2 2005-10-27
出演してる人が楽しんでて、見る側はそれを見るだけという印象
オールド・ボーイ (2004) J.S.ミル(128) rating2 2005-10-27
15年も監禁するのがよく分からないし、恨んでた人も主人公もそんなに考えなくていいと思う。監禁された理由がそんなことでそこまでといった感じです。アダルトの男性に向いてる映画
シャレード (1963) J.S.ミル(128) rating3 2005-10-27
内容は完璧なサスペンス映画にも思えますが、感動しませんでした
三つ数えろ (1946) J.S.ミル(128) rating5 2005-10-27
ラストが印象的。恋愛も少しある映画
ゴッドファーザー (1972) J.S.ミル(128) rating3 2005-10-27
マーロンさんははっきり話すべきと思う。声に重みをつけることと、もじもじ話すのは違いますし。あと、拳銃をむやみに乱用することでスリルや冷酷さを表し、それを映画の魅力に取り付けていると思います。傑作であ…
スティング (1973) J.S.ミル(128) rating5 2005-10-27
うまい具合に作られた機知に富んだ面白い映画
レオン (1994) J.S.ミル(128) rating2 2005-10-27
冷酷さがこの映画の魅力のようでよくないと思いました
ゴッドファーザーPART (1974) J.S.ミル(128) rating4 2005-10-27
前作のように、スリルが行き過ぎて冷酷さで映画の魅力を紛らわしているのとは違うと少し思います。楽しさや、まろやかさ、悲しさ、スリルなどのバランスが多少よくなったと思う。AFI選定歴代32位
オーシャンズ12 (2005) J.S.ミル(128) rating1 2005-10-27
内容が単純で、ゴージャスな俳優達を見て楽しんでくださいというような印象を感じました
ショーシャンクの空に (1994) J.S.ミル(128) rating3 2005-10-28
あまり罪を犯さないようにしようと思いました
©ずばぴたテック