みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 探偵・警察・スパイ
  5. スパイ

スパイ/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
引き裂かれたカーテン (1966) ドンペリ(889) rating4 2006-03-05
この頃すでにロードショウ館に行っていた私は この作品をリアルタイムで見ています。(おませな私です)  スクリーンで観たことも手伝ってか、結構ハラハラして面白かったんです。
推薦+2
ネタバレ
北北西に進路を取れ (1959) カトキチ(801) rating5 2006-03-05
文句無しにおもしろいヒッチコック作品の1つ。
推薦+2
北北西に進路を取れ (1959) ドンペリ(889) rating4 2006-03-04
サスペンス色はもちろん充分ながら 娯楽映画としても充分楽しめる、その意味ではヒッチコック作品の中ではダイナミックと言えるかも・・・。  今思うとどこか「007」と同じ香りがするような・・・。
推薦+3
北北西に進路を取れ (1959) 第三の男(227) rating4 2006-03-04
どんでん返しに次ぐどんでん返しでまさに最後まで手に汗握るサスペンス!  アクションあり、恋愛ありでなかなか楽しめます。  (2006/03/05長文加筆しました)
推薦+2
テイラー・オブ・パナマ (2001) ドンペリ(889) rating2 2006-02-23
ピアース・ブロスナンが‘悪い英国諜報部員’でジェフリー・ラッシュがテイラーで、面白いかと思いきや・・・。
ヨシワラ (1937) カトキチ(801) rating4 2006-02-21
36年でこの感動!すっごい!
推薦+5
007/ゴールデンアイ (1995) ドンペリ(889) rating4 2006-02-14
「いいじゃない、いいじゃない、いいじゃないの〜ピアースブロスナンボンド!」彼なりのボンドで充分いけてました!   彼の2作目と比較するとこの一作目は硬いですけど ピアースブロスナン・ボンドとしては…
推薦+3
007/ドクター・ノオ (1962) ドンペリ(889) rating4 2006-02-04
‘悪者退治’をする男!それをこんなにイカシタ男にしたのは当時では斬新です。ジェームズボンドが見事に生まれたという感じ。  ハラハラドキドキもあるけれど 何より観ていて楽しいんだもの!
推薦+2
ミッション:インポッシブル (1996) ドンペリ(889) rating3 2006-01-01
TV「スパイ大作戦」世代としては 場内に響く派手なアレンジになったあの曲はたまりませんでしたわ〜。  でもスパイ映画としてはうーん、なんかスカッとしなかった。
推薦+1
ネタバレ
M:I-2 (2000) ドンペリ(889) rating2 2005-12-30
カトキチ様、大当たり!  カトキチ:「トムクルーズとジョンウーのファン以外は★★かな?」  ドンペリ:「はい、その通りでございます。」
推薦+4
M:I-2 (2000) dada2(152) rating3 2005-12-28
確かに安心のジョン・ウー節!  トム・クルーズはちっとも好きじゃないんですが、  この映画では楽しめました。  だーって、相当な馬鹿映画なんだもん!!  あり得ない馬鹿馬鹿しいアクションシーン満載で…
推薦+1
M:I-2 (2000) カトキチ(801) rating4 2005-12-28
ジョンウーが撮ってるから無問題です。
推薦+2
アイガー・サンクション (1975) hacker(987) rating3 2005-12-25
クリント・イーストウッドの監督としての第三作で、監督としては、最初のアクション映画らしい映画です。
推薦+2
コンフェッション (2002) カトキチ(801) rating3 2005-12-12
これはなかなかの一品。
推薦+1
ダブル・エージェント 73 (1974) hacker(987) rating 2005-11-20
実にクダラナア〜イ映画です。『プラン9・フロム・アウター・スペース』にも負けないぐらいです。
推薦+1
リクルート (2003) ドンペリ(889) rating3 2005-10-25
これ、コリンファレルがアルパチーノに一歩も引けを取らない、と証明した映画です。  コリンは乗りに乗ってる感じ。彼の演技も直感型ではないかしら。  ラストはちょっとお粗末でややがっかりさせられますが …
ネタバレ
コンドル (1975) hacker(987) rating3 2005-10-10
「”なぜ”に興味はない。考えるのは”いつ””どこで”と”いくら”だけだ。」ベルイマンの諸作で有名なマックス・フォン・シドーがこの映画で演じる、いかにもプロらしい殺し屋の決め台詞です。『ニキータ』のジ…
推薦+1
レッド・オクトーバーを追え! (1990) momochichi(408) rating2 2005-09-19
ショーン・コネリーがソ連人なんて・・・
スピオーネ (1928) hacker(987) rating4 2005-09-17
「ドイツ時代のラングとムルナウ」という素晴らしい企画のおかげで、1920年代の映画をまとめて観ていて思い出すのは「太陽の下で新しいことは何一つない」という(フランスのだと思います)格言です。
亡国のイージス (2005) いけちゃん(23) rating5 2005-08-29
日本を守るということについて、かなりメッセージ性がつよい映画。やはり小説のできがいい分、ストリーがしっかりしてるのではと思う。日本を守るためにはどうするか、専制攻撃か、人間性か、どちらかについてかん…
ネタバレ
©ずばぴたテック