みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 探偵・警察・スパイ

探偵・警察・スパイ/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
唇からナイフ (1966) hacker2(68) rating3 2021-10-26
ハチャメチャです。
ルーキー (1990) hacker2(68) rating3 2021-10-25
典型的な「お師匠さんと弟子」の話のようですが、ちょっとひねってあります。
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ (2020) hacker2(68) rating4 2021-10-17
『もっとも危険な遊戯』の松田優作の有名なシーンを再現してくれたことに感謝です。
死刑台のエレベーター (1957) dreamer(67) rating5 2021-05-16
都会を映すノワールなモノクロ映像と即興演奏によるジャズの音楽が、現代人の空虚な心理を斬新な演出で鋭く抉ったルイ・マル監督の秀作「死刑台のエレベーター」
推薦+1
ネタバレ
トラフィック (2000) dreamer(67) rating5 2021-05-11
スティーヴン・ソダーバーグ監督が迫真のドキュメンタリー・タッチで描いた、社会派群像劇の秀作「トラフィック」
ネタバレ
刑事マディガン (1968) hacker2(68) rating3 2021-04-10
ドン・シーゲルにしては珍しく、アクションより警察官の姿と生活に重点を置いた作品です。
砂の器 (1974) dreamer(67) rating5 2021-03-07
宿命のもつ哀しみを打ち破ろうとする人間の栄光と挫折を描いた、日本映画史に残る不朽の名作「砂の器」
推薦+1
ネタバレ
夜の大捜査線 (1967) hacker2(68) rating4 2021-01-12
昨年のBLM運動を振り返って、再見し、原作も再読しました。
間諜最後の日 (1936) hacker2(68) rating4 2020-04-08
明らかにマデリーン・キャロルをきれいに撮ることが、ヒッチコックの大きな関心だった作品。
運び屋 (2018) hacker2(68) rating5 2019-07-04
実在した90歳の麻薬運び屋をモデルに、クリント・イーストウッドがおのれの人生を語った作品です。
反逆のメロディ (1970) hacker2(68) rating4 2019-04-07
「時代にあわせて呼吸するつもりはない」という言葉を残した原田芳雄は、やはり70年代の象徴的な役者の一人でした。
ウインド・リバー (2017) hacker2(68) rating3 2019-01-13
意欲作とは思いますが...
ビューティフル・デイ (2017) hacker2(68) rating3 2019-01-08
原作があるとは言え、明らかに『タクシー・ドライバー』を下敷きに『レオン』をまぶした映画になっています。
憲兵とバラバラ死美人 (1957) hacker2(68) rating3 2018-12-30
こんなの(失礼!)わざわざ観る人もいないでしょうね。ですが、まともなミステリー仕立ての映画です。
生きていた男 (1958) hacker2(68) rating4 2018-12-20
よくできたサスペンス映画です。
スリー・ビルボード (2017) hacker2(68) rating5 2018-12-11
これも拾い物、いやそれ以上の映画です。
COP CAR/コップ・カー (2015) hacker2(68) rating4 2018-12-02
ちょっとした拾い物
シークレット・アイズ (2015) hacker2(68) rating3 2018-11-25
アルゼンチン映画『瞳の奥の秘密』のリメイク
ゼロ・ダーク・サーティ (2012) hacker2(68) rating3 2018-11-24
よく出来た政治サスペンス映画ではあります。
ネバーセイ・ネバーアゲイン (1983) hacker2(68) rating3 2018-11-04
これって、『サンダーボール作戦』のリメイクだったのですね。久しぶりに再見して分かりました。
©ずばぴたテック