みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. スリルとサスペンス

スリルとサスペンス/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
エクス・マキナ (2015) hacker2(72) rating4 2021-11-27
映画監督になる前に、小説家・脚本家として出発したアレックス・ガーランドの素晴らしいアイデアが活きた作品です。
ラスベガスをやっつけろ (1998) dreamer(69) rating5 2021-11-24
天才映像作家テリー・ギリアムが、失われたアメリカン・ドリームの末路をシニカルに皮肉り、笑い飛ばすブラック・ユーモアの快作
推薦+1
ネタバレ
夕陽に立つ保安官 (1968) hacker2(72) rating3 2021-11-20
B級西部劇の職人だったバート・ケネディーによるコメディー西部劇です。
限りなき追跡 (1953) hacker2(72) rating3 2021-11-16
監督のラオール・ウォルシュは、『彼奴は顔役だ!』(1939年)『ハイ・シェラ』(1941年)『白熱』(1949年)の三本のギャング映画で、映画史にその名を残す存在ですが、西部劇でも、アパッチとの対話…
胸に輝く星 (1957) hacker2(72) rating4 2021-11-12
「我々は先住民(インディアン)を憎むように教えられて育った」という主人公の台詞が印象的な、西部劇の職人アンソニー・マンによる異色西部劇です。
唇からナイフ (1966) hacker2(72) rating3 2021-10-26
ハチャメチャです。
ルーキー (1990) hacker2(72) rating3 2021-10-25
典型的な「お師匠さんと弟子」の話のようですが、ちょっとひねってあります。
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ (2020) hacker2(72) rating4 2021-10-17
『もっとも危険な遊戯』の松田優作の有名なシーンを再現してくれたことに感謝です。
仁義 (1970) dreamer(69) rating4 2021-08-25
友情を縦糸に、裏切りを横糸に、意地と仁義の男の世界が、息もつかせぬサスペンスのうちに、織りなされる、フランス・フィルムノワールの秀作「仁義」
推薦+1
ネタバレ
ゴスフォード・パーク (2001) dreamer(69) rating5 2021-08-12
アメリカ・インディーズ映画界の巨匠ロバート・アルトマン監督の群像劇の秀作「ゴスフォード・パーク」
推薦+1
ネタバレ
薔薇の名前 (1986) dreamer(69) rating5 2021-08-07
ウンベルト・エーコのメタファーと、引用に散りばめられた知の迷宮世界を、ジャン・ジャック・アノー監督流に映画化した、怪奇幻想の中世ミステリーの異色作「薔薇の名前」
推薦+1
許されざる者 (1992) hacker2(72) rating5 2021-07-31
クリント・イーストウッドの傑作というだけでなく、西部劇の歴史に残る傑作です。
グリーン・デスティニー (2000) dreamer(69) rating4 2021-06-08
アン・リー監督が初めて手掛けたアクション大作で、愛と闘いのドラマに、娯楽性をふんだんに盛り込んだスケールの大きな作品「グリーン・デスティニー」
ネタバレ
レッド・ムーン (1968) dreamer(69) rating5 2021-06-06
子供を奪われたアパッチ族のインディアンの怨念と怒りに焦点を当て、"アメリカン・ニューシネマ"の先駆けともなった、"極限状況西部劇"の秀作「レッド・ムーン」
推薦+1
ネタバレ
依頼人 (1994) dreamer(69) rating5 2021-05-31
法廷物を得意とする推理作家、ジョン・グリシャム原作の映画化作品で、サスペンスよりも、人間関係の確執に重点を絞った「依頼人」
推薦+1
ネタバレ
暗殺の森 (1970) dreamer(69) rating5 2021-05-30
ファシズムが台頭した1928年から、崩壊寸前の1943年までのパリとローマを舞台に、反ファシストの教授暗殺の指令を受けたインテリの"体制順応主義者"(映画の原題)の姿を描いた、優れて"政治と人間"に…
推薦+1
ネタバレ
非情の罠 (1955) hacker2(72) rating3 2021-05-21
スタンリー・キューブリックの商業映画デビュー作
白い恐怖 (1945) dreamer(69) rating4 2021-05-18
フロイトの精神分析学をストーリーに大胆に導入し、人間の罪の意識をキーワードに、実験的映像で心の内面を抉った「白い恐怖」
推薦+1
ネタバレ
四十挺の拳銃 (1957) hacker2(72) rating4 2021-05-18
サミュエル・フラーの最高傑作....ラストがもしなければ。
死刑台のエレベーター (1957) dreamer(69) rating5 2021-05-16
都会を映すノワールなモノクロ映像と即興演奏によるジャズの音楽が、現代人の空虚な心理を斬新な演出で鋭く抉ったルイ・マル監督の秀作「死刑台のエレベーター」
推薦+1
ネタバレ
©ずばぴたテック