みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. コメントの一覧
  3. スリルとサスペンス

スリルとサスペンス/コメントの一覧

名前 ユーザー 採点 更新日時
影武者 (1980) dreamer(69) rating4 2021-03-12
権力に対する皮肉を優れて絵画的な映像美で、全ては夢と幻想であるというモチーフで描いた、黒澤明監督の晩年の力作「影武者」
推薦+1
ネタバレ
Z (1969) dreamer(69) rating5 2021-03-08
左翼政治家暗殺という政治上の事件を、巧みな話術で政治の暗部を暴き出した、政治サスペンス映画の秀作「Z」
推薦+1
ネタバレ
砂の器 (1974) dreamer(69) rating5 2021-03-07
宿命のもつ哀しみを打ち破ろうとする人間の栄光と挫折を描いた、日本映画史に残る不朽の名作「砂の器」
推薦+1
ネタバレ
八甲田山 (1977) dreamer(69) rating5 2021-03-07
指揮権の所在と責任の明確化、指揮官の資質と判断力の重要性、周到な調査と準備の必要性などと共に、大自然に対する畏敬の念の重要性をも考えさせられる映画 「八甲田山」
推薦+1
ネタバレ
大統領の陰謀 (1976) dreamer(69) rating5 2021-03-06
ウォーターゲート事件の真相を追求する、二人の政治記者を描いた、映画史に残る政治サスペンス映画の傑作「大統領の陰謀」
推薦+1
ネタバレ
タクシードライバー (1976) dreamer(69) rating5 2021-03-06
ニューヨークという、得体の知れない魔性の怪物と、そこに住む孤独で鬱屈した、内向的な人間の狂気との関係を、ドキュメンタリー的手法で描いた「タクシードライバー」
推薦+1
ネタバレ
サムライ (1967) dreamer(69) rating5 2021-03-06
死の恐怖に耐えて、心の奥底で守り通さねばならぬ掟を守り通した男を、クールに冷えたロマンティシズムで描いた、フィルム・ノワールの秀作「サムライ」
推薦+1
ネタバレ
パピヨン (1973) dreamer(69) rating5 2021-03-06
人生の浪費という、大罪を犯させた権力に対する、執拗な抵抗と、自由への不屈の執念を描いた「パピヨン」
推薦+1
ネタバレ
ミッシング (1982) dreamer(69) rating5 2021-03-05
国家に翻弄される人間の尊厳を賭けた、孤独な叫びを描いた社会派映画の秀作「ミッシング」
推薦+1
ネタバレ
パララックス・ビュー (1974) hacker2(72) rating3 2021-01-26
暗殺が多発するアメリカ政治の裏側を扱った政治サスペンス
盲獣 (1969) 第三の男(227) rating5 2021-01-25
予算が無い、という言い訳はこの映画を見たら通用しません。末期の大映で生み出された(おそらく)低予算、(ほぼ)ワンセットの傑作。
推薦+1
大統領の陰謀 (1976) hacker2(72) rating4 2021-01-16
今まさにアメリカで起こっていることそのままの邦題でした。
推薦+1
夜の大捜査線 (1967) hacker2(72) rating4 2021-01-12
昨年のBLM運動を振り返って、再見し、原作も再読しました。
ダイヤルMを廻せ! (1954) hacker2(72) rating3 2020-12-09
グレース・ケリーがきれいすぎるのが、むしろ弱点かもしれないですね。
逃走迷路 (1942) hacker2(72) rating4 2020-11-21
ヒッチコック作品でも悪役の不気味さが印象的なものの一つです。
疑惑の影 (1943) hacker2(72) rating4 2020-11-01
同じチャーリーという愛称を持つ叔父に対して、姪が抱く疑問を描いた作品
推薦+1
カンバセーション…盗聴… (1973) hacker2(72) rating4 2020-09-26
ジーン・ハックマンのたたずまいが素晴らしい!
泥棒成金 (1954) hacker2(72) rating3 2020-05-06
ヒッチコックが "a snow covered volcano"(雪に覆われた活火山)と述べた、彼女のイメージを満載した映画です。
推薦+1
上海から来た女 (1947) hacker2(72) rating4 2020-05-04
リタ・ヘイワースの美貌と最後の鏡の間の銃撃戦だけで観る価値あり。
第3逃亡者 (1937) hacker2(72) rating3 2020-04-10
『時の娘』(1951年)でミステリー史に名を残すジョセフィン・テイの原作『ロウソクのために一シリングを』(1936年)を映画化した作品です。ただし、原作とは犯人が違う等、まったくテイストは違っている…
©ずばぴたテック