みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 犯罪
  5. 殺人
  6. 気狂いピエロ

気狂いピエロ

(1965年)
きちがいぴえろ  / Pierrot Le Fou
rating44.6364

気狂いピエロへのコメント

ゴロにゃ〜ゴ伯爵(113) rating5 2008-05-08
批評は感情にある。
推薦+1
ネタバレ
第三の男(227) rating4 2007-04-02
無茶苦茶やり放題の逃避行の衝撃的な映像と哲学的な引用のコントラストが不思議な印象を残す。
推薦+1
カトキチ(801) rating4 2005-06-10
なんと表現していいかわからないが、めちゃめちゃ惹かれるゴダールの超アナーキーな問題作。
推薦+2
マリモ弁当(60) rating5 2005-03-08
鮮烈な映像。色、会話、音楽、ジャン・ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナ、全部好き。ゴダールの中で一番いい。  【95:暫定】

気狂いピエロの詳細

解説 金持ちのイタリア人と結婚したフェルディナン。ある日妻とパーティーに出かけるためにやとったベビーシッターが昔の恋人。謎深い彼女と再び冒険の日々が…
Wikipedia
の解説
a
Wikipediaの全文
スタッフ
配役
制作国 フランス・イタリア
制作年 1965

気狂いピエロへのコメントがない採点

rating5
rating4

気狂いピエロの関連商品

気狂いピエロを含むMy特集

私的映画史に残る傑作 ゴロにゃ〜ゴ伯爵 非公開 2008-03-20
映画人はアカデミー賞、パルム・ドール、金熊賞、金獅子賞と後世に名を残すべき傑作を見つけ出す。また、有名な評論家になれば、映画史上にその名を残すべき作品を紹介している。そこで、私もやりたくなったので時代に囚われず、他人に囚われず、自分基準で傑作と評価する特集。 ★自分の精神に触れられた魂の映画 【『晩春』】【『…
自己のイメージを羅列した映画 カトキチ 非公開 2005-11-10
自分の頭の中にあるイメージだけを取り出した映画というのがたくさんある、 一人の男のイマジネーションを万人が理解できるはずも無く、それはある種パズルを解く感じに似ている。 映画としては特殊な部類に入るかもしれないが、謎が謎を呼ぶラストも含めて、 いつも感動を覚えてしまうのだ、そんな映画達を集めてみました。
映画館で観よう〜カトキチ編〜 カトキチ 非公開 2005-11-05
「映画っていうのは僕らの時代は一期一会だったんです」映画監督の大林宣彦はこう語る、 つまり昔、映画は一回きりの娯楽、観たければ何回も劇場に足を運び、 脳みそにたたきこまなければいけなかった。 僕ら世代になってしまうと映画というのはもはやビデオレンタルで気軽に見れるメディアになり、 DVDが登場してからは、最高…

気狂いピエロへのトラックバック

トラックバックがありません

気狂いピエロへのトラックバックURL

登録日時 2005年01月13日 16時08分
更新日時 2005年01月13日 16時08分
登録者 蕎麦友
©ずばぴたテック