みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. 歴史・時代劇
  4. 日本の歴史・時代劇
  5. 戦国・織豊時代
  6. 七人の侍

七人の侍

(1954年)
しちにんのさむらい
rating44.2121
関連商品を
設定して、
画像を表示

七人の侍へのコメント

キクシュン(11) rating4 2007-03-10
最後の戦いが面白かった。弱い立場にいる時は、  良い作戦を立てるもんだと関心した。侍は頼りになるね。
移転先をたどったら閉店(317) rating4 2006-10-10
3時間以上もある超長編にも関わらず、全般通して飽きることなく造られた作品であることが素晴らしい。  そして、世界観が非常にリアルだ。
推薦+1
ネタバレ
第三の男(227) rating5 2006-09-07
200分を超える長い作品だが、その時間があっと言う間に感じられる。ジャンル分けが虚しく思えてしまう普遍性と多様性、日本が生んだ「完全映画」のひとつ。
推薦+2
ネタバレ
kz_from5(104) rating4 2005-11-20
黒澤映画といえば第一に挙げられる、日本映画の代表作。
ドンペリ(889) rating4 2005-11-02
先日ひーっさしぶりに(CS)観ました。やはり凄いですね。あれだけのものを作る撮影がいかがであったろうかと今更ながら感心。  何度か見て知っているのにいよいよの雨の合戦、馬も人もどっろどろのシーンなん…
推薦+1

七人の侍の詳細

解説 黒澤エンタテイメントの傑作
Wikipedia
の解説
a
Wikipediaの全文
スタッフ
配役
制作国 日本国
制作年 1954

七人の侍へのコメントがない採点

rating5
rating4
rating3
rating1

七人の侍の関連商品

関連商品はありません

七人の侍を含むMy特集

加東大介 おくらほま 非公開 2008-05-05
タイトルクレジットでこの方の名前を見つけると、なんだかホッとしてしまうのは私だけではありますまい。 全体に丸みを帯びながら、目元だけはきりっと涼しい、一目見たら忘れられない風貌。そしてもちろん演技は超一流。 どんな役でも器用にこなす、名脇役 加東大介の出演作を集めました。(あまりに端役すぎて、人名検索で引っかからない…
なんでもあり!これぞ娯楽! カトキチ 非公開 2006-06-29
1本の映画の中に様々なジャンルをぶち込み、観るものを飽きさせない映画を集めてみました。 『ダイ・ハード』や『ザ・ロック』もそうなんですけど、あれとは別なモノですね。 無茶苦茶で、ごった煮な感じがするものだけをチョイス、 これぞ娯楽です、ストーリーは無視しておもしろいと思えるものを集めたらこうなりました。
映画館で観よう hacker 非公開 2005-10-31
映画は本来、映画館の大きなスクリーンで観るようにできているのですが、特に古い作品は機会がなくて、自宅で観ざるを得ないものが大半なのは仕方ないと思います。でも、作品によっては、スクリーンで観ないと本来の迫力や画面の作り方、懲り方が分からないものも少なくありません。そういう作品を並べてみました。
雨の作法 ゴロにゃ〜ゴ伯爵 非公開 2005-04-19
                ――雨はお好きですか?―― 私は大好きです。木造建築にボタボタって音を鳴らしながら降る雨、サーッと降る雨、びゅんびゅん降る豪雨(漢字もいい)。全てが愛おしい。 小学生の頃は帰りに雨が降るとお祭です。家に帰った時のほっとする感じもまた良い。 雨は自分の世界を作ってくれる。手に持つ傘…

七人の侍へのトラックバック

トラックバックがありません

七人の侍へのトラックバックURL

登録日時 2004年06月06日 22時33分
更新日時 2005年01月17日 22時54分
登録者 teRataro
©ずばぴたテック