みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. SF・ファンタジー
  4. SF
  5. バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2
  6. カトキチのコメント

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2/カトキチのコメント

rating33.7407

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2へのコメント

採点

rating4

推薦数

+1

コメント

あくまでオマケとして作られたはずなのに…

レビュー

前作のラストでデロリアンが空を飛んだのはあくまでお遊び、
だが大ヒットしてしまった事で、続編にGOサインが出てしまった(実際は断ったのかもしれないけど)
この終わり方から、未来へ行かなくてはならなくなり、そっからお遊びとして作られたはずのパート2、
これがどうしてめっちゃくちゃよく出来ている上出来の娯楽作、
展開やアイデアは前作ありきだが、デロリアンがパワーアップした事で、さらに脚本は練ってあり、
前作で行った同じ時間の過去に再び舞い戻るというタイムパラドックスもなんのそのな設定が素晴しい、
すこしダークな世界観だが、前半の未来描写はカラフルでユニーク、
ホバーボードを使ったチェイスシーンも見応えあり、お遊びとして作られた割にかなりの満足度、
緊張と緩和の演出も冴え渡る見事な続編。

この『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズはどれもおもしろくて、
これを嫌いな映画ファンがいるのか?という位の出来だが、一番見た回数が多いのはこのパート2である。
あの続きからなので冒頭から一気に物語が進み、息もつかせぬ展開でラストまで駆け抜けるのは、この作品だけ、
パート1もパート3も助走が長かったり、中だるみがあったりするわけだけども、このパート2は一番展開が早い。
ただ、デロリアンでタイムトラベルをするのにプルトニウムが必要だったのが、
未来に行った事で簡単にタイムトラベルが出来る様になってしまっている、
まぁこれは好き嫌いだろう、一回のタイムトラベルの重みが消えてしまったので、
その分脚本は練りに練られているが、パート1のカタルシスには到達しなかったというのが本音、
現にこの後のパート3ではパート1の設定だった、“燃料が無い時代から、現代に戻る”というものに戻したけども、
1がすごかったのは、あの設定に両親の恋物語を組み合わせた事。
やはり映画自体のアイデアと完成度、そしておもしろさにカタルシスという点ではパート1に勝てない。

でもこのシリーズは最高におもしろいです、
『スターウォーズ』と同じでこれを見て映画ファンになった人も多いのではないだろか?
ちょいSFだったのが良かったパート1のカタルシスは無くなったので、前作に並ぶ出来では無いにしろ、
娯楽映画としては途方もない傑作である事に変わりはない。

評者

カトキチ

更新日時

2006年04月30日 00時03分

コメントの推薦

参考になる 2006-04-30
 
2021年12月06日 11時50
2021年12月06日 11時50
©ずばぴたテック