みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 犯罪
  5. ランナウェイ 逃亡者
  6. hackerのコメント

ランナウェイ 逃亡者/hackerのコメント

rating44.0000

ランナウェイ 逃亡者へのコメント

採点

rating4

コメント

久しぶりに見るジュリー・クリスティーの存在感と美貌!それにひきかえ、ロバート・レッドフォードは老けましたねぇ〜。

レビュー

この映画の公開時、ジュリー・クリスティーは71歳、ロバート・レッドフォードは76歳、レッドフォードはさすがに老けが目立ちましたが、クリスティーの存在感は変わらずで、感銘を受けました。

レッドフォードが監督も務めた本作は、姓名を変えて潜伏していた、かっての過激派活動家が、仲間の自首をきっかけに30年前の銀行強盗を行った際の殺人の真相と向き合うというものです。殺人犯として逮捕状が出ていたニック(ロバート・レッドフォード)は、実は当時恋人だったミミ(ジュリー・クリスティー)の罪をかぶっていたのであり、自分の正体がわれた今、相変わらず当時の生き方を変えていない彼女を探すために、かっての仲間たちを訪ね歩くというのが中心のプロットです。ニックは妻を亡くしたばかりであり、一人娘のためにも、自分が殺人犯ではないということを証明しようとしたのでした。一方、ミミもニックが自分を探していることを知るのでした。

ものすごく重たいテーマであり、ラスト近くのニックとミミの討論の場面、足を洗った元過激派の男と、依然として過激派であり続ける女、かっては恋人同士でもあった二人の生き様をめぐる議論は、本作の白眉でもあります。

もちろん、結論など出ませんし、アメリカ映画らしく、いささかご都合主義の終わり方をするのですが、こういうテーマを自らのメガホンで映画化したというレッドフォードの姿勢には、別の意味で感銘を受けました。

ポール・ニューマンも監督として印象的な作品を残していますが、レッドフォードもそれに劣らないのだということを再認識した映画でした。

評者

hacker

更新日時

2017年12月10日 17時06分

コメントの推薦

データがありません
2021年12月08日 07時38
2021年12月08日 07時38
©ずばぴたテック