みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 探偵・警察・スパイ
  5. イミテーション・ゲーム
  6. おれんかのコメント

イミテーション・ゲーム/おれんかのコメント

rating44.0000

イミテーション・ゲームへのコメント

採点

rating4

推薦数

+1

コメント

とても優等生的な映画です。それまで表に出されることのなかった戦争の影の立役者…というにはあまりにも縁の下の力持ち的ですが、アラン・チューリングが主役の映画という点でポイントが上がっていると思います。
ただ、なんかもっと良い出来になったのでは?というもやもや感が残りました。十二分にいい映画なのですけど。

レビュー

数学の天才アラン・チューニング。ドイツの暗号解読の立役者、後のコンピューターの礎を築いた人です。天才ですが、人づきあいは下手、同性愛が犯罪である時代に同性愛者だったので、これだけのお手柄がありながら投獄もされ最後には同性愛治療(!)のホルモン剤投与で鬱になり自殺してしまう、波乱万丈の人生を送った人です。

脚本はとても優等性。教科書になりそうなオーソドックスにきちんとした脚本です。配役はいい役者さんばかりなのですが、なんかせっかくの各俳優の良さが引き出されてないような気がしました。優等生的な脚本のおかげで皆が無難になってしまっている…ということもないとは思いますが、いまいちずしんと来ません。
如何にも…のキイラ・ナイトレイの空回り気味の熱演には食傷気味、主役のカンバーバッチだって、この人もっと凄いよね…としっくりこないのです。2時間前後へのまとめ方がイマイチなのかもしれません。嫌われ者チューニングが政府の意向でクビになり掛けたとき、みなが彼を擁護する展開とかもいまいち違和感しか感じませんでした。
マシュー・グードだってもっといい役者さんなのになぁ。

なんとなくもう一回撮りなおしてよって気分です。★5個つける映画には絶対なりそうな気がします。

評者

おれんか

更新日時

2015年08月10日 09時51分

コメントの推薦

参考になる 2015-08-10
hacker
2021年12月07日 21時10
2021年12月07日 21時10
©ずばぴたテック