みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. ドラマ
  4. 人生と生活
  5. 博士と彼女のセオリー
  6. おれんかのコメント

博士と彼女のセオリー/おれんかのコメント

rating44.0000

博士と彼女のセオリーへのコメント

採点

rating4

推薦数

+1

コメント

ホーキンス博士も素晴らしいのですが、その元妻ジェーンの献身がすごすぎて言葉を失います。思ったより長い映画に驚きました。

レビュー

希望を失わず、前を向いて努力し歩き続ければ、物事は動くようになる…という訓示のような映画です。
大学生の時に病気を発症し後3か月の余命宣告をされてしまったホーキンス博士。GFがいたのですが、このGFと愛し合っているからと結婚し、子供まで生まれます。博士の体はどんどん不自由になり、嫁の介護の負担はどんどん重くなっていく中、さらに子供も増えていきます。20歳そこそこのお嬢さんが余命宣告された恋人と何が何でも結婚したのは、限りある短い時間を悔いのないよう、愛する人と濃い時間を過ごしたい…というそれだけだったと思います。3か月しかないと思ったからどんなに辛くても添い遂げたかったのでしょう。それがホーキンス博士は70歳を超えた今でもお元気。それはそれで素晴らしい希望のある話だけども、彼女の長年にわたる重労働、二十歳そこそこで自分の夢もすべて捨て、介護と子育てに明け暮れる終わりのない日々に突入。あまりにも大変過ぎ、途中でなんでこの映画こんなに長いの…と思ってしまうのです。彼女に思いをよせえる男性が介護を手伝い(これだけでも彼女には神の救いの手に思えたと思う)ホーキンス博士が、(恐らくわざと)新しい看護師を取って彼女と別れることにしたときには心底よかったねーと思ってしまいました。
エディ・レッドメインの熱演も強烈です。ここが一番の見どころだとは思いますが、途中、彼女を助けようとする男性への周りの風当たりが強いのには怒りがふつふつと沸き、フェミニスト映画でも見てる気分になってしまいました。

評者

おれんか

更新日時

2015年08月10日 01時58分

コメントの推薦

参考になる 2015-08-10
hacker
2021年11月29日 12時32
2021年11月29日 12時32
©ずばぴたテック