みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. ドラマ
  4. コメディー..
  5. 斬る 
  6. hackerのコメント

斬る /hackerのコメント

rating44.0000

斬る へのコメント

採点

rating4

コメント

黒澤明へのオマージュ(若しくはパロディ)にあふれた娯楽時代劇

レビュー

黒澤明(特に『用心棒』と『椿三十郎』)へのオマージュ(若しくはパロディ)にあふれた、いかにも岡本喜八らしい早いテンポで進む娯楽時代劇です。

まず、からっ風吹くさびれた宿場町から始まる出だしは、もろに『用心棒』です。原作者が同じ山本周五郎なのが影響しているかどうかわかりませんが、あらすじは『椿三十郎』を踏襲していて、三船敏郎の役どころを仲代達也が、加山雄三の役どころを中村敦夫が、伊藤雄之助の役どころを東野英二郎が演じるだけでも楽しいですが、高橋悦史が『七人の侍』における三船敏郎の役どころで登場し、仲代達也と掛け合い漫才のようなやり取りを行うのも楽しいです。正義のために立ち上がる若侍が七人というのも、偶然ではりませんよね。

画面作りやテンポの早さは、いかにも岡本喜八で、観ていて楽しい限りですが、侍社会の理不尽さもきっちり打ち出しているあたりにも、監督らしい反骨精神が感じられます。こういう時代劇は、もう作られないのでしょうね。

ところで、仰天したのはラスト・シーン、何と『シェルブールの雨傘』の冒頭を再現してくれています。楽しいかぎりです。

評者

hacker

更新日時

2015年05月06日 08時08分

コメントの推薦

データがありません
2021年11月28日 23時31
2021年11月28日 23時31
©ずばぴたテック