みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 冒険アクション
  5. ゴジラVSデストロイア
  6. hackerのコメント

ゴジラVSデストロイア/hackerのコメント

rating33.0000

ゴジラVSデストロイアへのコメント

採点

rating3

コメント

平成ゴジラ・シリーズの第七作にして、最終作。「ゴジラ死す!」が公開当時のコピーでした。

レビュー

アメリカ版ゴジラの最新作公開を記念して、BSで第一作のゴジラからの全作品を放送していたので、録画しておいたものを、時間の合間をぬって、観ていました。

平成ゴジラ・シリーズは、何作かパラパラと観ていたのですが、「通し」で観たのは今回が初めてでした。ただ、正直なところ、ゴジラに何を見るのかという一番本質的な部分が欠如した作品ばかりで、おまけに昭和ゴジラ・シリーズで使いまわしたアイデアの再利用ばかりが目立ってしまい、ゴジラに破壊されるミニチュア・セットの素晴らしさは瞠目するものがありましたが、あまり感心しませんでした。

その中で、本作は第一作回帰を鮮明に打ち出していて、何と第一作でゴジラを葬り去ったオキシジェン・デストロイヤーを再登場させた点や、ゴジラを東京でメルトダウンさせ、その放射能で東京を死の町と化すというラスト(もうひとひねりありますが)も含めて、一番面白く作られています。

このシリーズは全部で七作ありますが、大森一樹が監督なり脚本に絡んだ三本が一番面白いということは明らかで、『ゴジラVSビオランテ』『ゴジラVSキングギドラ』なども、まぁまぁ観られます。

ただ、振り返ってみると、どの作品も第一作で展開されたゴジラの存在意義を超えるような設定を作り出すには至っていなくて、それだけ第一作が素晴らしかったということになるのでしょう。ですから、この平成ゴジラ・シリーズ最後の作品が、原点回帰したのは正しい選択だったのだと思います。

平成ゴジラ・シリーズを語る時に忘れられないヒロイン三枝未希を演じた小高美恵とともに、ゴジラの死を描いた史上二本目の映画として、全身が赤いゴジラの姿とともに、記憶にとどめておきましょう。

評者

hacker

更新日時

2014年07月13日 20時26分

コメントの推薦

データがありません
2021年12月08日 07時25
2021年12月08日 07時25
©ずばぴたテック