みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. ドラマ
  4. 人生と生活
  5. ヒッチコック
  6. ドンペリのコメント

ヒッチコック/ドンペリのコメント

rating44.0000

ヒッチコックへのコメント

採点

rating4

推薦数

+1

コメント

映画界で、忘れてはならない監督、ヒッチコック。。。。。やっぱり大好きだ。

ネタバレ

このレビューは物語の核心部分が明かされています。

レビュー

「私にとっては彼の残した作品こそがヒッチコック」であり、「ヒッチコックの半生を映画で明かしてもらわなくて結構よ」と本作の内容も知らずして、勝手に決め付けて、観るのを躊躇っていたのですが、さて、観てみましたら、本作は、世間を驚かせてくれたあまりにも有名な「サイコ」のメイキングなので、鑑賞中ワクワクしながら、とても楽しめました。
なにしろ「ヒッチコック」ですから、観る者は心理的にどうしても期待過剰になってしまうはずですが、本作はそれを差し引いて感想を述べることもなく、素直に面白かったと言えます。何と申しますか、作品全体に気負いがない。これはアンソニー・ホプキンスの自信に助けられていることは言うまでもないこと。


さて、ヒッチコックの「サイコ」製作・・・新しく斬新なスタイルの作品に挑戦するとき、守りに入る者たちからは反対を受け、前途多難に。
ヒッチコックの、私財を投げ打っても「サイコ」を作りたいという熱意から完成までの舞台裏や苦労話は、映画を愛する者ならば誰もが愛着を持って観られるというものだ。失敗に終われば、妻と落ちぶれた生活を覚悟。それでもヒッチコックは、人は刺激を求めているというところに賭けた。
上映前の宣伝の仕方も、また上映後に場内を真っ暗にするなど、人の心理をうまく突くことに長け、そのプロデュースぶりも彼の個性だったのが解る。

私が「サイコ」を最初に観たのは、テレビの洋画劇場だ。今日ほど大きくないテレビ画面から、何とも言えない不気味さと恐怖が連続して伝わってきたその時の感覚は今でも忘れない。 


ヒッチコック! 映画ファンなら、やはり観ない手はないですね。


P.S.
あ、アンソニー・パーキンス役の人、そっくり〜。

評者

ドンペリ

更新日時

2013年11月13日 10時04分

コメントの推薦

読んで楽しい 2013-11-13
hacker
2021年12月02日 06時23
2021年12月02日 06時23
©ずばぴたテック