みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. ドラマ
  4. 恋愛と青春
  5. ジャンゴ 繋がれざる者
  6. おれんかのコメント

ジャンゴ 繋がれざる者/おれんかのコメント

rating44.3333

ジャンゴ 繋がれざる者へのコメント

採点

rating5

推薦数

+1

コメント

久々に初期のタランティーノを思い出しました。
不適切な出血量かもしれませんが、そこに目をつぶればかなりの娯楽映画。

レビュー

西部劇はシュミでないので、あまり見てません。なのでパクリはあったとしても全く気付いてないと思います、私の場合。
飛び散る血の量が相変わらず凄くって、(むしろ増量傾向にあるかも?)人間が撃たれた瞬間にバケツをぶちまけたように血が飛ぶなんてあるのか!?とツッコミたくなりました。ちょっと食傷気味。ここまで大盤振る舞いしなくても楽しめる映画なのにね。

だらだらした、ストーリーに影響なさそうな会話が非常にうまく作られていて、くだらなくって笑わせてくれるのはさすがタランティーノ。長めの独り語りといい、話は全然違うけど、パルプフィクションあたりのノリを彷彿とさせます。

タランティーノのキャラ造りは人間観察力の高さが出ていると思います。おフランスかぶれだけど、フランス語は話せず、機嫌が悪くなるので、フランス語で話すのは厳禁…のカルヴィン(笑)いそうだけど、早々思いつかない設定。つまんないことを本当に上手に仕上げてくれますね。

クリストフ・ヴァルツが良かったな〜。
監督、小器用な彼を活用しきってますねー、イングロリアスバスターズもそうだけど。
シュルツ医師がどういった経緯でアメリカに来て、賞金稼ぎやっているのかは語られることなく終わってしまい、彼は正義感の強い男だったのだ-と言うことしか知らない事実に気付きます。後日前日章でも作ろうとでも思っているのでしょうか。彼が死んでしまった時はとってもガッカリしました。
「そしてふたりは末永く暮らしましたとさ」調のエンディングを考えれば、そうなって然るべきなのですが…予想しておらず。

ジャンゴの早打ち技術にもツッコミたくはなりましたが、やっぱヒーローはこうでなきゃ!と言うことで許しましょう! 最後は爽快です。
もう一回観に行ってもいいかな。

評者

おれんか

更新日時

2013年03月27日 20時28分

コメントの推薦

読んで楽しい 2013-03-28
hacker
2021年11月28日 08時41
2021年11月28日 08時41
©ずばぴたテック