みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. オカルト..
  5. 2000人の狂人
  6. hackerのコメント

2000人の狂人/hackerのコメント

rating33.0000

2000人の狂人へのコメント

採点

rating3

コメント

ハーシェル・ゴードン・ルイスの作品の中では、一番面白いものでしょう。

レビュー

南北戦争時代、北軍によって虐殺された南部の町の住民2000人が、「ここで会ったが100年目!」とばかりに、何の予備知識もないはずなのですが、現代の衣服を着て、現代社会にフィットした姿で、町の建物と一緒に100年後によみがえり、北部の人間(自動車のナンバー・プレートを見て判断するのです)を6人(何故この数なのかよく分かりません)誘い込んで、楽しくゲームのごとく、殺人を行なうという物語です。

まぁ、ムチャクチャな設定ではあるのですが、そもそもルイス監督作品に、まともな設定など求めても仕方ないですし、さんさんと輝く太陽の下、生身の人間としか思えない亡霊たちが、ワーワー騒ぎながら、スプラッターしている絵というのは、妙に印象に残ることは確かです。バックに流れる明るいカントリー・ミュージックも、効果をあげていますし、特に亡霊役の俳優たちが、ルイス監督作品としては例外的に、きちんとした演技を見せてくれます。ただ、『血の祝祭日』に続いて登場のプレーボーイ・メイトだったコニー・メイソンは、相変わらずの大根ですが、きれいなので許しましょう。

最後の「また100年たったら、世界はどう変わっているのだろう」と言いながら、眠りにつく亡霊たちの会話も、耳に残りますね。

評者

hacker

更新日時

2012年11月08日 08時42分

コメントの推薦

データがありません
2021年11月29日 23時15
2021年11月29日 23時15
©ずばぴたテック