みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. ドラマ
  4. 人生と生活
  5. ハチ公物語
  6. ドンペリのコメント

ハチ公物語/ドンペリのコメント

rating44.5000

ハチ公物語へのコメント

採点

rating4

推薦数

+2

コメント

「猫は家につく」「犬は人につく」と昔から申します。まさにその通りです。

レビュー

この映画、男性の方がくるよ・・・私のささやかな統計では。

主人亡き後、
来る日も来る日も 同じ時刻に駅に来て主人の帰りをジーッと待つ犬・・・・
その姿を想像しただけでたまりませんでしょう。

ここまでされちゃうと脚色されてようがどうだろうが関係ない、
泣かせる映画を作ったんだから、素直に泣こうじゃないの、っていう気分。
その時はそんなこと考えずに、ただただ泣けた泣けた、の映画でした。


でもハチじゃなくても、そういう犬が実際にいましたよ。
ご主人が病院で亡くなったのに、(まだ入院していると思っているのか)
毎日毎日病院の入り口に来る犬のことをドキュメンタリーか何かでやっていました。
犬は‘やらせ’ではありませんでした(笑)。もう、たまりませんでしたよ〜。
それを見た日本中の人が「ハチ公とおんなじね」と言っていたでしょうね。

幼い頃母の実家に家族で行き、私達が夜帰る時、
都電の停留所まで母の実家で飼っていた犬(ポインター)が見送りについてきたものです。
昔は犬が独りで歩いていると‘犬殺し’といって連れていかれることがあったので
私の父が「ジュン、もう帰りなさい」と言っても私達が都電に乗るまでジッとそばに居たの。
そして都電が動き出し見えなくなると、一人でトボトボ帰って行くの。
そんなことを経験しているので、泣けた泣けた。

終わりの方でハチが‘たらい回し’になるのもかわいそうで仕方なかったわ。

確か当時かなり宣伝していて、私は劇場で観たのですが結構混んでいたんです。
周りの人が皆犬好きの人ばかりに見えて仕方ありませんでしたね。

その後テレビでみたら、複数の犬を使っているのがミエミエのところもありましたが、まあいいでしょ。


*この仲代達矢の演技は好きです。

評者

ドンペリ

更新日時

2006年09月16日 01時39分

コメントの推薦

参考になる 2006-09-17
 
参考になる 2006-09-16
 
2021年11月29日 12時32
2021年11月29日 12時32
©ずばぴたテック