みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 冒険アクション
  5. ブラック・サンデー
  6. hackerのコメント

ブラック・サンデー/hackerのコメント

rating33.0000

ブラック・サンデーへのコメント

採点

rating3

コメント

マルト・ケラーが印象的です。

レビュー

今観てみると、爆弾を抱えた飛行船に乗り、スーパーボールの会場で、大量殺人をもくろむ、というストーリー(原作トマス・ハリス)は、示唆に富んだものだったという印象を持ちます。

ただ、政治活劇(?)を得意としたフランケンハイマー監督作品ですが、あまり政治色が強い作品ではありません。テロを阻止しようとする、ダーティ・ハリー以上に手段を選ばないイスラエルの工作員(ロバート・ショー)も、このテロを実行しようとする、ドイツ人とパレスチナ人の混血女性(マルト・ケラー)も、多くの親族をホロコーストや中東戦争で亡くした過去を持ち、いわば政治的争いの犠牲者であることは語られていますが、それを深堀りしているわけではありません。彼女と共犯の、帰国後の自不当な扱いに激しい怒りを抱いているベトナム帰還兵(ブルース・ダーン)も登場しますが、その問題を特に突き詰めているわけでもありません。

ただ、活劇としては、ホテルのロビーの銃撃戦から始まって、テロリストを海辺に追い詰めて殺すまでの一連のシーンや、後の『ダイ・ハード』を思わせるような、飛行船上でのアクションなど、見所はしっかり押さえてあります。

そして、ひさしぶりに動いている姿を見ましたが、フェイ・ダナウェイと並ぶ、実に見事な般若顔美人のマルト・ケラーが印象的でした。彼女だけでも、一見の価値はあります。

評者

hacker

更新日時

2012年03月19日 09時43分

コメントの推薦

データがありません
2021年12月06日 12時23
2021年12月06日 12時23
©ずばぴたテック