みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 西部劇..
  5. 許されざる者
  6. 第三の男のコメント

許されざる者/第三の男のコメント

rating44.1250

許されざる者へのコメント

採点

rating4

推薦数

+1

コメント

イーストウッドの映画って実はあんまり見たことないんですけど、先に見た最新作よりこっちのほうが良いかなあと思った。

レビュー

元極悪人のマニー。子供の将来のため賞金稼ぎに乗り出すが、銃は当たらない、馬にもなかなか乗れないなどカッコ悪いことこの上ない。見兼ねた昔の相棒を巻き込んでしまうわ、話を持ってきた若いあんちゃんは近眼だわ、悪徳保安官が幅を利かせてるわで、どう見てもうまく事が運ぶとは思えない。だがしかし(だからこそと言うべき?)、元相棒が自分の正体をばらして殺された事を知ってからの変貌ぶりはすごい。悪徳保安官とやりあう(『許されざる者』同士の対決)シーンなど鳥肌が立った。

最初の顔切り刻みシーンや悪徳保安官が活躍?する嫌な場面もあるが、全体的に詩情に溢れた場面が多い。また一度も画面に出てこないマニーの妻、クローディアの存在の大きさが感じられる演出も良い。

ところで、本筋とはあんまり関係ないと思われるのだが、"English Bob"という登場人物が興味深い。登場時はアメリカ人をさんざん小馬鹿にし、保安官にさんざんいたぶられ、最後は悪態をつきながら街を追い出されるのだが、ある映画で最下等に扱われたイギリス人への仕返しのように思われるのは考え過ぎだろうか?

評者

第三の男

更新日時

2007年12月31日 15時55分

コメントの推薦

参考になる 2008-01-03
 
2021年11月30日 00時06
2021年11月30日 00時06
©ずばぴたテック