みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. スリルとサスペンス
  4. 探偵・警察・スパイ
  5. 名探偵コナン「銀翼の奇術師」
  6. カトキチのコメント

名探偵コナン「銀翼の奇術師」/カトキチのコメント

rating33.0000

名探偵コナン「銀翼の奇術師」へのコメント

採点

rating3

推薦数

+1

コメント

この強引な展開!『フロム・ダスク・ティル・ドーン』よりすさまじい!

レビュー

前半は、お子様向けの分かりやすい陳腐なミステリーでTVとなんら変わりないが、
後半は、『乱気流 タービュランス』や『コン・エアー』の様なハリウッド超大作に早変わり!
もはや“名探偵コナン”というよりも、“怪盗キッドとコナン”というくらい怪盗キッドの存在感が強烈。
クールな音楽と詳細なディテール、かっこいいセリフ回しとどこをとっても標準以上。
1本で2本分の娯楽がギュッと詰まった見て損無しの娯楽作。

明らかにTV版の延長線上で、前半は映画版とは思えないほどのスケールの小ささだが、
40分を過ぎた頃、これが名探偵コナンなのかと思うほど作風が変わる。単純に『乱気流 タービュランス』になるのだ。
この後半はツッコミどころ満載なのだが、航空会社の協力もあり、ディテールが細かい。
専門用語も飛び出すし、クールなセリフ回しで一気に映画の世界に引き込む事に成功している。
脚本の段階でかなり練り込まれてるが、それ以上のツッコミどころが多いのはある意味バカ映画なのか(笑)
ハラハラして、ツッコんで、かなり笑える強烈な展開は、小学生にも理解出来ないのではないだろうか。
舞台が日本なのにアメリカ映画顔負けのスケールのでかさになり、CGもここぞ!という所で使っていて、迫力満点。
この後半のために前半をフリに使ったのだと思うと、かなり計算された映画とも言える。

さて、この作品、名探偵コナンというタイトルなのに、まったくコナンが活躍しない。
サブキャラである怪盗キッドの方が主演なんじゃないかと思うほど喰われてる。

だからこの作品はかなり違和感のある作品なのだ。
主演よりもサブキャラが目立ち、リアルな部分と映画としておかしい部分が見事なバランスで共存している。
名探偵コナンが大人から子供まで楽しめるように出来てるのは、この絶妙なバランスであり、
真面目とバカという両極端な物についてこれれば、かなり楽しめるのではないかと思う。

『乱気流 タービュランス』と『コン・エアー』のパクりとも言えるが、観る価値あり。

評者

カトキチ

更新日時

2007年03月13日 22時21分

コメントの推薦

参考になる 2007-03-14
 
2021年12月06日 12時19
2021年12月06日 12時19
©ずばぴたテック