みんなで作る映画データベース
  1. トップ
  2. 映画一覧
  3. ドラマ
  4. コメディー..
  5. 寝ずの番
  6. 葉直のコメント

寝ずの番/葉直のコメント

rating44.0000

寝ずの番へのコメント

採点

rating4

推薦数

+4

コメント

(★4−)
数ヶ月前でしたか、『鴛鴦(おしどり)歌合戦』(1939)というオペレッタ時代劇が上映されていました。
観たくて見たくてミタクテたまらなかったのですが行けませんでした。
今作『寝ずの番』のマキノ雅彦監督(俳優津川雅彦)は、その『鴛鴦(おしどり)歌合戦』の
マキノ雅広監督の甥にあたるそうで………だから?え、まぁ、「そうなんだ!」

えー、この映画を新規登録したくはなかったような・笑。
〔スクリーン×1〕

レビュー

主演が中井貴一と木村佳乃なのは、なるほど。
もし油ギッシュな男はんと、エロエロ姐さんが主演なら、たいそう辛いことになりましょう。
男はん(おぢさん)といえば長門裕之の死人(しびと)の演技、姐さんといえば高岡早紀の妖女演技は
特筆もの。
寄ってらっしゃい。見てらっしゃい。

終えた命を偲ぶ。寝ずの番をする親近者たち。
それが上方落語会の世界だから、と言っては語弊もありましょうが、ともかく艶話。
「人生は艶だよっ!」と、あのダンデイ津川氏が…と思いますと、かなり恥ずかしかったり。
勘違い下ネタに始まり、怒涛の下ネタで〆くくられる。
それは大事な大事な人を失った、苦しいほどの切なさの裏返し。

思った以上に、沢山のエピソードが詰まっておりました。
人の死後にまつわるお話。けれど見せられたのは、結局どう生きるかということ。
親しかった人達に、こんなふうにお別れしてもらうには、こんなふうに生きなくては。

“寝ずの番”という日本語も、どことなく優しい響きでいいではありませんか。


PS:『プロデューサーズ』とセットでご覧になりませんように。

評者

葉直

更新日時

2006年05月26日 03時18分

コメントの推薦

読んで楽しい 2006-10-18
 
参考になる 2006-05-26
 
読んで楽しい 2006-05-26
 
素晴らしい洞察 2006-05-26
 
2021年12月06日 11時31
2021年12月06日 11時31
©ずばぴたテック